2020年09月16日

パプリカが色づき、食卓に上り始めた

 一雨ごとに涼しさが増してきて、ようやく我が家のパプリカも色づきを加速し始めた。
DSC09503.JPG

 青い実がいつ色づくのだろうと思っていたら、次々と真っ赤に熟れ始めて、赤い実ではようやく今日が初収穫。
DSC09502.JPG
 


 炒め物に栄養&彩りとして加えたり、シシトウと一緒に酢漬けにしたりして味わうと、けっこういける。
DSC09505.JPG DSC09507.JPG

 採りたてなので瑞々しいのは勿論、程よい甘みも感じられてなかなかにおいしい!

 これまで青いままで、ピーマンの代わりに食べたものもいくつかあったのだが、やはりパプリカは熟れた方が断然おいしい。



 これから次々と色づいていきそうなので、いろんな食べ方を研究しなくては…。



posted by よっちゃん at 19:36| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年09月07日

鳥の巣は実に見事な造形物だ!

 今回相当心配していた台風も、ここ豊後高田ではそうたいしたこともなくてほっと胸をなでおろした。


 被害といえば、風でピーマンの株が倒れたことと、サトイモの葉がけっこう傷んだことくらいか…。

 それよりも、落ちたり舞い込んできたりした木の枝や木の葉の後始末が大変だった。




 その片づけをしている時に、山から飛んできたらしい小鳥のかわいらしい巣を見つけた。

 それも二つも。



 一つは巣だけコロンと転がっていて、もう一つは枝にくっついたまま枝ごと吹き飛ばされてきたものだ。
DSC09495.JPG


 枝にくっついていた方は、人家かどこかで調達したのだろう。

 緑色のスズランテープを細くさいて巣の材料にしていた。
DSC09497.JPG


 その二つの巣の緻密で繊細なつくりに、しばし見入ってしまった。
DSC09494.JPG

 鳥は、嘴だけを使ってこれほど見事な造形をやってしまうのだからすごい能力だ。


 
 台風一過の今日、山ではきっと、また巣作りを一から始めた小鳥の夫婦が、きっとたくさんあったことだろう。


 
posted by よっちゃん at 22:18| Comment(0) | 自然 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年09月04日

カラスとイチジクの実の争奪戦始まる

 暑さに陰りが見えてきたこの頃、ようやく庭のイチジクが実り始めた。
DSC09492.JPG

 そう大きな木ではないため、これまでの猛暑で水が足りてなかったせいだろうか?

 

 そこで始まったカラスとのイチジク争奪戦。

 明日採ろうと思っていると、早起きのカラスに一足先を越されてしまう。

 気休めにネットを張ってみたが、やはりカラスは器用に熟れたやつからもいでいく。



 少ししか実らない実をこれ以上はやれないと思い、袋をかけることに…。
DSC09489.JPG



 獲物が見えないと、いくらカラスでも盗ってはいかない。



 それで、何とか日に1~2個ずつは甘い果実を味わうことができるようになった。
DSC09493.JPG


 イチジクは、上品な甘さも魅力だが、あの種のなりそこないをぶつぶつと噛むときの感触も好きだ。



 台風が近づいて来ているので、どうか実が落ちずに堪えて欲しいものだ。

 
 また、台風での被害がどこにも出ないことも祈ろう。



posted by よっちゃん at 21:55| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする