2019年01月20日

玄関に使い勝手の良いラックを製作

 玄関が手狭で、なおかつ勝手口も扉だけなので、いろいろなものを置く場所がなく、かねがね何とかしたいと思っていた。

 帽子をかけるところ、鍵を置くところ、傘を置くところ等々、ちょっとしたものでも置くところがないと不便なものである。


 この週末思い立って作りはじめ、完成したのが下のラックである。
DSC01810.JPG


  帽子や傘をかけたり、鍵や飾り物を置いたりと、複数の機能を持たせたいのと、靴箱の横の隙間にちょうど入るものにしたいので、自分で作ることにした。




 作り始める前に、材料があるかどうか倉庫を覗いてみると、適当な材料が何とか揃ったので、それらを加工していった。

 骨組みは杉材で、棚板だけパインの集成材(こちらは他で載せていたものを除けて調達)だ。



〈制作手順〉 
 ① ちょうどのサイズになるように、縦・横・奥行きの長さを計って、杉材を切り出す。

 ② 横の靴箱と色を合わせるために、少しつやのある塗料(色はマホガニーを選ぶ)を塗って、しっかりと乾燥させておく。
DSC01807.JPG DSC01804.JPG

 ③ そして今日、組み上げる順序を考えながらビス(30ミリ・45ミリ・50ミリ)どめしていき、玄関に据え付ける。

 ④ 棚板にするパイン集成材の端っこを少しだけ切り欠いて、ちょうどはまる形にしてから、棚板を載せる。



 完成したので、これまで置けなかったものをいろいろ配置してみたところ、なかなかいい感じだ。
DSC01808.JPG

 我が家も、これでまた少しだけ使いやすくなった。

 

 
 
ラベル:木工作
posted by よっちゃん at 18:08| Comment(0) | 製作 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年01月19日

第8回「ブギウギお茶会」で、身も心もあったまったよ~!

 昨夕は、「月波や」さんを会場にして行われた第8回「ブギウギお茶会」に参加してきた。

 今回の料理は、「月波や」さんのご主人が腕によりをかけて作った「おでん」だ。
DSC01801.JPG

 時間をかけて煮込まれてたようで、具材によく味がしみていい味に仕上がっていた。

 大好きな大根も最高の味に…。

 

 また、差し入れのおにぎりや具材・デザートのみかん等々、どれもおいしかったので、いつものように結構な量を頂いた。

 作ってくださったみなさん、とってもおいしかったよ~!

 ありがとう!!


 

 今回の参加者は、いつもの半分くらいの人数だったが、それはそれでより密度の濃いお話ができて楽しかった。
DSC01803.JPG

 初参加の方もいらっしゃって、また違った角度から楽しく情報交換をして、新たな刺激にもなった。



 一応2時間の予定ではあったが、あっという間に時間は過ぎ、気付いたら優に2時間半を超えていた。

 最初は少し寒かったが、あったかいおでんと、わいわいと花さくお話に、身も心もすっかり暖かくなった!

 
 今回も、大変有意義な時間を過ごすことができた「ブギウギお茶会」だった。

 
posted by よっちゃん at 19:01| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年01月16日

収穫したダイコンが、いろいろな料理になったよ!

 9月に種を播き、昨年末頃から少しずつ収穫してきた我が家のダイコンも、そろそろ最盛期。



 お店に並んでいる青首大根も、同じようにたくさんとれているのだろう。

 立派なサイズが、1本50円と大変安く売られている。

 これで採算はとれるのだろうかと、大根農家の方に同情したくなるくらいの値段だ。



 そんなことを思いながら、ウチのダイコンを抜いてみると、今までで一番大きいのが出てきた。
DSC01764.JPG

 ウチで播いたのは、一般によく見る「青首大根」とちがって「おおくら大根」という種類だ。
DSC01800.JPG

 このダイコンは、「おでん」や「ふろふき」に適するようにと、上から下の方まで同じくらいの太さになっているのが特徴だ。

 また、生で食べるとちょっぴり辛みがあり、だから煮るとそれがかなり甘みを増すようだ。


 
 大きいので、重さを計ってみると、葉を取り除いた状態でも1500gもあった。

 これなら、いろいろと使い勝手が良さそうだ。


 
 まずは、豚肉と一緒に煮たり、厚揚げに載せるためのおろし大根にしたりして、夕餉の食卓に…。
DSC01795.JPG  

 味噌汁の具にもなった。

 手前味噌だが、採れたて新鮮なダイコンは、どの食べ方でもなかなかにおいしい!



 次の日は、残った一部をぬか漬けに漬けて、残りは保存用に小さく切って切干大根になるよう天日干しに…。
DSC01798.JPG DSC01763.JPG
 


 それにしても、大根というのは、何と役に立つことか!

 いろいろと形を変えながら、実に様々な料理に利用できるものだと改めて思う。


 菜園には、もうちょっとだけダイコンが残っているので、次こそ「おでん」か「ふろふき大根」にしてやろうと思う。



 
 
posted by よっちゃん at 20:07| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする