2018年07月22日

風呂場でアマガエルがはねていた

 夜、風呂に入ろうとしたら、洗い場にちっちゃなかわいいアマガエルがはねていた。
DSC00403.JPG
どこから入ったのだろう?

 窓はあかないので、出入りできるとしたら、入り口のドア?

でも、そこは家のずっと奥まった所なので、玄関や居室の窓から入ってそこまで自分でたどりついたとは思えない。

 そうなると、風呂の排水管から?エ~ッ!!前の家では、排水管は下水道につながっていたが、下水道の来てないここでは排水は自然の中へ放出されている。やはり、そこからしか考えられない。


 アマガエルだから、捕まえて逃がすだけでよかったが、他の危険生物だったら?


 この前は、和室にムカデが入り込んでいた。ムカデなら網戸の隙間などから入って来ることは十分に考えられる。

 ここは、生き物の楽園なので、珍しい生き物に遭遇することもあれば、あまりありがたくない生き物とも出会う確率は高い。

 田舎暮らしは、楽しくもあり、いくつかの覚悟がいることでもある(ちょいと大げさかな?)のだ。

 とりあえず、ムカデ駆除の薬剤を買って来て、家屋への侵入を防ぐ方策をとることにした。

DSC00329.JPG
posted by よっちゃん at 22:17| Comment(2) | 自然 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年07月21日

座り地蔵さんなんて珍しい

 先の「六地蔵さん」と「おこぼさん」との間にある川にかかる橋のたもとの高い位置にお地蔵さまが祀られている。
 よく見ると、地蔵様は足を曲げて座られており、けっこう珍しい足の組み方をされている。肩には錫杖?のような棒を担ぎ、そのお顔は何とも穏やかである。

 ご近所のT氏(この辺りの古いものをかなり調べてまわったそう)によると、どうやら室町時代くらいからある古いものらしい。
古いから風雨にさらされてすり減ってしまったのか、台座にも像の後ろ側にも文字らしいものはいっさい見当たらない。
 
 地蔵さんの後ろには墓石のような板状の石板が多数並べて置いてあったが、そこに書かれている文字も判然としない。相当な年月を経てきたものが、今なお花なども供えられてしっかりとお祀りされている。

 この地に暮らした先人たちの信心深さがよく伝わってくるようだ。

DSC00291.JPGDSC00292.JPG
                  台座の後ろに並べて置かれた墓石か?
posted by よっちゃん at 21:47| Comment(1) | 伝統文化 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年07月20日

「暮らしを楽しむ☆ブギウギお茶会」で楽しく有意義な時間を過ごしてきました

 今日は、「暮らしを楽しむ☆ブギウギお茶会」に参加してきた。
 場所は、元刑務官だった金谷さんが、「本を読むことが子どもたちの将来にとっての栄養になる」と、昨年玉津商店街の一角に開いた「月波や」さんという子どもの本(絵本が主)屋さんの2階。
 ここは、普段は子どもたちや子育て中の母親がゆっくりと座って自由な過ごし方ができる広いスペース。

DSC00322.JPG
 この会は、移住者同士が交流し繋がれる場所を設けていこうという「楽しい暮らしサポーターズ」さんたちの尽力で開催されているもので、今日で3回目だとのこと。
 いろいろな所から様々な理由で移住してきた人や、ずっと豊後高田で暮らしてきた人も交えての楽しい交流会だった。
 
 今日のメインイベントは、移住後ベーグル屋さんを開いた方が作られた「ベーグル祭り」ということで、たくさんのベーグル+柔らかいパン?が用意されていた。
 それを食べながら、それぞれの好きな飲み物を飲みながらの歓談は、いろいろと楽しい世界やこれからの楽しいイベントに触れることができて、移住間もない身には大変有意義な時間であった。

DSC00323.JPG
posted by よっちゃん at 21:53| Comment(3) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする