2018年07月14日

スパランド真玉(山翠荘)は「入って良し、飲んで良し」の名湯だ 

 豊後高田への移住の決め手の一つに、「くにさき六郷温泉」と銘打って近い所に温泉がいくつもあったことがあげられる。

 その中の「スパランド真玉(またま)山翠荘」は、宿泊もできるため、物件を探したり住む家を決めたりする時に、何度も利用させてもらったところだ。
 650年近い歴史があり、保湿成分「メタケイ酸」を豊富に含んだ炭酸水素塩泉は、身体があたたまる温泉として広く知られている。

 効能は、神経痛・関節痛・慢性消化器病・痔症などによく、飲んでも糖尿病・肝臓病・痛風・慢性便秘などに効果があるらしい。
 
 大浴場の他に宿泊者専用のかけ流しの内湯もあり、ゆったりと入れる感じがとてもよかった。他にも、露天風呂・貸し切り風呂・サウナ・レストラン・土産物コーナーなどもあり施設も充実している。
 立ち寄り湯は大人300円、子供150円、70歳以上は200円と安く、今日のような週末には、県外からでも訪れるお客さんも多い。

DSC00276.JPG

 ここの駐車場の横には、国東(くにさき)の魅力を伝える大きな案内板が設置してある。
DSC00280.JPG
ラベル:温泉
posted by よっちゃん at 20:59| Comment(1) | 観光 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする