2018年07月17日

こちらの岩窟には「おこぼさん」

 先の「六地蔵さん」と川をはさんで向かいの岩窟には、「おこぼさん」(弘法大師)が祀られていた。
 実に柔和なお顔をしておられ、何ともご利益のありそうな風情である。

 横にはまたちょっとちがった表情の石の仏さん(?)も控えており、端には「天照大神」と書かれた石の額が置かれてあった。
 おそらく形を変えながら、この地域でずっと大切にされてきたのだろう。
 素焼きの植木鉢には、お賽銭が投げ込まれていた。

DSC00290.JPG
posted by よっちゃん at 13:14| Comment(0) | 伝統文化 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする