2018年07月31日

助かる魚の移動販売

 今日は、魚の移動販売車が来る日だ。

 この移動販売車は、一週間に二度、この地域には火曜日と土曜日の午前中に回って来てくれる。

DSC00407.JPG

「買い物難民」が発生中のエリアを中心に回ってあるため、店が近くない我が家にも大変ありがたい存在だ。


 そして、またこの移動販売車が積んでくる魚が安いときている。何でもがたくさんあるわけではないが、その日安いものを中心に載せてあるため、食べ時期の魚が割と安価に手に入る。

 売っているのは女性の方で、おいしい魚の情報や調理の仕方までも教えてくれるので、ありがたい。スーパーと違い、これが対面販売の良さだ。
DSC00406.JPG

 
 今日は、割と大きめの「ベタ」が三匹で1000円だったので、それを買うことにした。

 「ベタ」とはこの地方特有の言い方で、有明海沿岸地域では「クチゾコ(クッゾコ)」、瀬戸内海沿岸地域では「ゲタ」、そしてフレンチでは「舌平目」と呼ばれる魚で、煮ても揚げてもムニエルにしても味がいい。
DSC00405.JPG

 国東半島地域でもよく獲れるらしく、魚屋にも必ず並んでいる。


 日によって変わるが、移動販売車には魚以外にも、カニ・カイ・タコ等が載っていることもある。

 この間などは、天然のウナギがさばかれないまま3匹まとめて売られていたが、さすがに調理の自信がないので、安いが買わなかった。


 いろんな魚との出会いが楽しい「移動販売」である。

 
posted by よっちゃん at 15:21| Comment(1) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする