2018年08月31日

めずらしい色のヒガンバナも雨に叩かれて…

 今日は久しぶりの雨。

 木々も作物も息を吹き返したように、青々として見える。

 遠くに見える山の端からは、もやまで立ち昇っている。


 このところかなり長く降ってなかった(昨日も降りそうで、結局ほとんど降らずじまいだった)ので、周辺の農家の方もきっと安堵されているだろう。


 
 一時、雷鳴とともに激しく降ったため、植えていたゴーヤの葉っぱが雨に叩かれて、穴があいてしまった。

 雨が止んだので、庭に出てみると、サルスベリの花弁もたくさん風に飛ばされていた。

 庭のそこにだけ咲いていたヒガンバナもボロボロになってしまった。


 このヒガンバナは、色がめずらしいため、前の住人が手に入れて植えたものなのだろう。
DSC00707.JPG
 
 ヒガンバナ特有のいきなり花が咲いたように見えて驚いたが、この色は見たことがなかったので、雨降る前に写真に撮っておいてよかったな。



 それにしても、もうヒガンバナの開花なんて、早すぎる!

 そういう品種なのか、異常気象の影響なのか?

 早くいつも通りの気象に戻って欲しいものだ。



posted by よっちゃん at 19:17| Comment(0) | 自然 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年08月30日

秋のハーブ栽培準備

 今日は、朝から久しぶりに雨が降ってくる気配。

 そこで、秋播きのハーブの種を7種類ほど育苗ポットやプランターに植えることにした。

 それと併せて、挿し木や植え替えも行った。


【秋のハーブ栽培準備】

 1.ラベンダー・スイートマジョラム・キャットニップ・カモミール・コリアンダーをポットに撒く。

 2・移植を嫌うディルと、発芽のために新聞紙で覆う必要のあるスープセルリーは、プランターに撒く。

 3・ローズマリーを先から10cmのところで斜めに切って、ポットに挿す。

 4・ヤロウは密集しすぎてきたため、株分けをして植え替える。

DSC00727.JPG DSC00728.JPG

 発芽率が100%でないことを見越して、少し多めにポットを準備した。

 しかしながら、もしこれだけの種が全部発芽したり、苗が根付いたりしたら、実際植え付ける場所を確保するのに困るだろう。

 全部発芽して欲しいような、ほどほどでいいような複雑な気分である。




 植え付けている間に、いよいよ雨がふりそうになってきたので、ハーブの葉を摘んでウチの中に入った。


 摘んだハーブの葉は、下の3種類。
DSC00729.JPG


【ティーにした時の効能】
 ・セージ   … 疲労回復効果
 ・レモンバーム… 滋養強壮作用 胃腸の調子を整える効果
 ・ミント   … 心身のリラックス効果 免疫力アップ

 それぞれの効能を考えてブレンドしたので、疲れた時にはバッチリ‼。

 ミントは、味が強く出すぎるため、少量にした。


 お湯は、沸かしてから少し置いてティーポットに注ぎ、5分程抽出して出来上がり。

 カップに注いで、ゆっくりと味わう。


 香りからも味からも、心身の疲れがとれるようであった。

 
ラベル:ハーブ
posted by よっちゃん at 16:21| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年08月29日

カラスとの知恵比べは続く

 「またやられた!」

 トマトをめぐっては、依然カラスとの攻防が続いていたが、今度はイチジクだ。

 今朝、「今日は、ようやくイチジクが採れるだろう」と勇んで木の所へ行ってみると、ない!。
DSC00725.JPG DSC00723.JPG
 
 やっと熟れてきて、一番なりを楽しみにしてしていたのに…。

 ちゃんと熟れたやつから2つもやられた。

 むしりとって行った痕を見ると、カラスの仕業というのは明白だ。



 トマトを盗らせてもらえなくなったため、今度はイチジクを狙ったに違いない。
DSC00648.JPG

 それに、イチジクの方がトマトより甘いものなあ…。

 トマトは、皮を残していいところだけを食べて行ってたが、今度のイチジクは皮すら残されていなかった。
DSC00430.JPG

 次からは、味をしめて、トマトよりイチジクの方を狙って来るにちがいない。

 

 早速、「ダイソー(百均)」で「防鳥ネット」を買って来て、実の上を中心にカバーした。
DSC00726.JPG


 カラスとの知恵比べは、これからも続く。

 
posted by よっちゃん at 18:58| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする