2018年08月22日

仙人湯にゆかりのお寺「大黒堂」

 昨日のブログに書いた「ほうらいの里・仙人湯」は、割と奥まった岩山と岩山の谷間の、どちらかというと「ひっそり」という言葉が似合うような場所にある。

 「知る人ぞ知る」といった、まさに「秘湯」といった感じの温泉なのだが、この温泉にはさらに「知る人ぞ知る」ヒミツが隠されている。



 それは、あまり知られてはいないが、この温泉の元の源泉を掘り当てた人が建立したお寺が、温泉の向かいの岩山の中腹にこれまたひっそりと存在するのだ。

 その名も「大黒堂」。

 そのお寺は、現在は「仙人湯」となっている温泉の源泉が掘り当てられたことを記念して建立されたお寺らしい。

 

 その元の湯は、現在の仙人湯の下側にあり、上にはテントを張っただけの簡易風呂のようなスタイルで、正式な営業という形もとっていなかったらしい。

 正式営業ではないため、料金はとらず、そこのお地蔵さんに幾ばくかのお布施を置いていくというような形をとっていたらしい。
DSC00646.JPG

階段を上り詰めた右に置かれているこの地蔵さんがそれだろうか?


  そのお寺は、仙人湯から歩いてすぐなので、少しばかりの上り坂と石段を上がって行ってみると、立派な白壁のお堂が待っていた。

 普段は、だれも上がって来ないような奥まった場所に、本当にひっそりと立っている。
DSC00647.JPG

 その建立された方も、今では亡くなり現在は親族の方が管理されているらしい。

 だから、きちんと境内の草も刈られ、荒れ果てた「廃寺」のような感じは受けなかったのだな。
DSC00644.JPG
 
 しかし、あまりの静寂さに、やはりだれも訪れないという寂びれた感は否めない。



 石段を上り詰めた所に、石碑が建てられていて、「大黒天然之湯」と大きく彫ってあった。
DSC00643.JPG
 石碑の裏側には、「法華経」が刻まれており、この寺を建立された方の信心深さを物語っている。


 境内に立って眼下の「仙人湯」の方を眺めていると、このお寺といい、お地蔵様といい、温泉を掘って地域のみなさんのために役立てようとした故人の思いが、伝わってくるようだ。




 その石碑の側面には、建立年を「昭和丁巳年十月十一日」と記してあった。


 「丁巳年」とは「ひのとみ」と読み、「十干」と「十二支」の組み合わせを60年間の一年一年に対応させた表し方の一つだ。

 昨日まで高校球児たちが熱戦を繰り広げた「甲子園」ができた年の「甲子(きのえね)」をスタートとして数え始めると、「丁巳(ひのとみ)」は、第54番目(54年後)にあたる。

 「甲子年」は大正13年なので、その54年後の「丁巳年」は「昭和52年」のことだ。

 ということは、この温泉はすごく古い温泉というわけではないし、このお寺もそれほど年数が経っているわけではない。


 

 ちなみに、60年たつと十干と十二支の組み合わせが尽きて、また最初に戻ってからの繰り返しになる。

 そこで、「60歳になることを還暦を迎える」といって、お祝いすることはよくやられていることだ。

 
 この温泉が、昭和54年10月11日生まれだとすると、現在その元の湯をひきついだ仙人湯まで数えて満40歳。



 この地域のみなさんに愛されている温泉が無事還暦を迎え、その後もずっと続いていけるよう願ってやまない。


posted by よっちゃん at 21:51| Comment(0) | 観光 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年08月21日

「ほうらいの里・仙人湯」のお湯はサイコーだ

  昨日のブログのカフェ「ちぃばす」から、さらに奥へ1kmほど入り込んだ所に、「くにさき六郷温泉」の一つ「ほうらいの里・仙人湯」がある。

 「ちぃばす」前の県道654号線を山手へ進むと、左手に大きな看板が現れるので、そこから左折するとすぐだ。
DSC00301.JPG

 切り立った岩山の根元に、2つのとんがった屋根を持つログハウス調の建物が見えてくるので、すぐ分かるだろう。
DSC00473.JPG

 この温泉の外観といい内風呂・露天風呂といい、色・形どこをとっても野趣あふれる造作で、何とも雰囲気のある温泉だ。

 こじんまりとしているので、休憩室は2か所あるが、軽食等の販売はなく、あるのは自販機とアイスクリームのショーケースくらいだ。 




 しかしながら、この温泉は、100%源泉かけ流しの温泉で、単純温泉ながら、保湿成分のメタケイ酸を豊富に含み、美肌効果があると言われている。

 他にも関節痛・筋肉痛・神経痛などの痛みにも効果があるらしい。


 湯上がり感は、さっぱりとしていて、温まった体はなかなか冷めない。



 こういった落ち着いた風情の温泉で、日常を忘れゆったりと足を伸ばしてリラックスするのは、サイコーの贅沢だろう。


 地元の人たちが、自分の家の風呂に入らず、ここに毎日のように通って来ているのも十分頷ける。
DSC00307.JPG


 営業時間は、13:00~22:00(12月~2月は、21:30まで)で、休業日が毎週金曜日と、第2・4木曜日だ。祝日は営業(振替休業有)。

 料金は大人350円・子ども180円と他の温泉より50円(子どもは30円)高いが、ここのお湯の気持ち良さには代えられない気がする。


 

 
ラベル:温泉
posted by よっちゃん at 13:18| Comment(0) | 観光 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年08月20日

自家製の山羊ミルクソフトクリームがおいしい「ちぃばす」

 豊後高田市の真玉地区に、「カフェちぃばす」というランチとスイーツを提供するかわいらしいお店がある。
DSC00531.JPG

 「ちぃばす」とは、スペイン語で「山羊」という意味らしい。

 その名の通り、このお店は自分の所で飼っている山羊(5~6頭)から採れる山羊ミルクをいろんなデザートに加工して提供している。
DSC00560.JPG




 自分は、ランチに立ち寄ったことはあったが、その山羊ミルクで作られたソフトクリームを食べたいとかねがね思っていた。

 そして、ついにそのソフトクリームにありつくことができた。


 3人で行ったので、「ワッフルコーンdeソフトクリーム」のチョコソースがけ(¥550)と「山羊さんのソフトクリーム」の普通(¥450)とちょっと小さめ(¥300)を頼んだ。
DSC00549.JPGDSC00551.JPGDSC00552.JPG


 
 以前、違う店で山羊のヨーグルトを食べた際は、独特の臭みがあるのが気になったのだが、ここのソフトクリームは全く臭みもなく、さっぱりとした味わいで、とても食べやすかった。

 自分は、山羊臭さに抵抗があったので、「ちょっと小さな」ソフトクリームにしていたのだが、これなら普通の(といってもけっこうな量がある)にしておけばよかったと思った。


 
 デザートメニューは、これ以外にも山羊さんソフトの「黒蜜きな粉がけ」(¥550)「わらびもち添え」(¥550)「チョコバナナパフェ仕立て」(¥750)「季節のジャムがけ」(¥350)「コーヒーゼリー添え」(¥450)の他にも、「山羊ミルクプリン」(¥324)「パンナコッタ」(¥450)「ガトーショコラ」(¥432)「チーズケーキ」(¥432)等と、バラエティーに富んでいる。

 いちごの季節には、いちごと併せたこれまたたくさんの種類のデザートが並んでいた。


 それにそれぞれ、ホットコーヒー・たんぽぽコーヒー・アイスコーヒー・紅茶・アイスティー・シロップ(ソーダ割り)or(お湯割り)」等の飲み物をセット(プラス¥168~¥250程度で)にすることができ、頼み方のバリエーションも豊富だ。




 ランチもたくさんの種類(¥800~¥1000ほど)があって、特にハンバーグランチが和風・洋風とりまぜてお勧めで、他にもチキンや魚がメインのランチや数種類の「お子様ランチ」もある。

 
 また、豊後高田市が蕎麦の売り出しに力を入れている都合で、冷・温両方の蕎麦(¥540)まで出しているから、おもしろい。

 他にも、カレーライス(¥700)や牛丼(¥800)まで揃っていて、カフェとは思えない品ぞろえの数々だ。


 今回行って初めて気が付いたが、前もって頼めばお弁当も準備してくれるらしい。もちろんお弁当メニューの方も豊富だ。
早速、メニュー表をもらってきた。
DSC00561.JPG



 場所は、豊後高田市を貫く国道213号線を右折して県道654号線に入り、およそ4.5kmほど走った左側にある。

 道の形状と手前の倉庫でお店の外観が見えづらいため、通り過ぎてしまいそうになるので、注意が必要!!


 座席は、4人がけテーブル席が5つ。カウンターに5人ほどすわれるので、最大キャパは25席。
DSC00559.JPG



 入口入ってすぐの所には、土産物コーナーがあり、所狭しと手作りのジャムが並んでいた。
DSC00553.JPG

 めずらしいのは「山羊ミルクジャム」で、ソフトクリーム同様、独特の臭みはない、甘すぎなくてさわやかな味わいであった。


 木曜日が店休日で、営業時間は11:30~17:00なので、入店は16:00までと、割と早めだ。


 
 とても人気の店らしく、それを夫婦2人で切り盛りしているため、お客さんがひっきりなしに来店するお昼時・お茶時は、いつもとても忙しそうだ。
 
 市街地から離れた、幹線からはちょっぴり奥まった所にあるが、足を延ばしてでも行きたいお店だ。


posted by よっちゃん at 15:23| Comment(0) | 観光 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする