2018年08月06日

豊後高田市独自のひかりケーブルを使ったサービス

 豊後高田市では、「加入者間無料電話」とNTT西日本提供の「ひかり電話」の2つのサービスをセットで行う仕組みがある。

 「加入者間無料通話」は、相手方の電話番号をダイヤルする前に⑦を押してからかけると、通話が無料になるというサービスだ。

 もう一つの「ひかり電話サービス」は、市外通話はNTTさんのひかり電話で全国一律3分8円となり、告知端末の機械によっての行政情報配信や高齢者の安否確認等のサービスがつけ加わる。もちろんプランを選べば、インターネット接続も可能である。

DSC00422.JPG
     告知端末の機械

 
 行政情報配信サービスは、市内のいろいろな情報を告知端末を使って届けてくれる。

 この間の台風の折は被害や避難場所の情報を繰り返し伝えていたし、今日8月6日は朝から「広島平和記念日」にあわせて市内一斉に黙とうを捧げるための放送が流れて来ていた。

 他にも市が行う行事の場所や時間の周知や、亡くなられた方の告別式等の個人的な情報も入って来ることもある。


 そのひかりケーブルを利用しているテレビでも、豊後高田市独自のローカル番組を作って放送しているので、市内で起こっているローカルな情報や議会情報等が細かく得られる。


 情報の伝達手段が何重にも確保されているのは、移住者や高齢者にとっては、大変ありがたいことである。


posted by よっちゃん at 13:56| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする