2018年08月21日

「ほうらいの里・仙人湯」のお湯はサイコーだ

  昨日のブログのカフェ「ちぃばす」から、さらに奥へ1kmほど入り込んだ所に、「くにさき六郷温泉」の一つ「ほうらいの里・仙人湯」がある。

 「ちぃばす」前の県道654号線を山手へ進むと、左手に大きな看板が現れるので、そこから左折するとすぐだ。
DSC00301.JPG

 切り立った岩山の根元に、2つのとんがった屋根を持つログハウス調の建物が見えてくるので、すぐ分かるだろう。
DSC00473.JPG

 この温泉の外観といい内風呂・露天風呂といい、色・形どこをとっても野趣あふれる造作で、何とも雰囲気のある温泉だ。

 こじんまりとしているので、休憩室は2か所あるが、軽食等の販売はなく、あるのは自販機とアイスクリームのショーケースくらいだ。 




 しかしながら、この温泉は、100%源泉かけ流しの温泉で、単純温泉ながら、保湿成分のメタケイ酸を豊富に含み、美肌効果があると言われている。

 他にも関節痛・筋肉痛・神経痛などの痛みにも効果があるらしい。


 湯上がり感は、さっぱりとしていて、温まった体はなかなか冷めない。



 こういった落ち着いた風情の温泉で、日常を忘れゆったりと足を伸ばしてリラックスするのは、サイコーの贅沢だろう。


 地元の人たちが、自分の家の風呂に入らず、ここに毎日のように通って来ているのも十分頷ける。
DSC00307.JPG


 営業時間は、13:00~22:00(12月~2月は、21:30まで)で、休業日が毎週金曜日と、第2・4木曜日だ。祝日は営業(振替休業有)。

 料金は大人350円・子ども180円と他の温泉より50円(子どもは30円)高いが、ここのお湯の気持ち良さには代えられない気がする。


 

 
ラベル:温泉
posted by よっちゃん at 13:18| Comment(0) | 観光 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする