2018年08月28日

LEDライトがシーグラスを生かす小さなオブジェ

 日中は暑いため、午後は風の通る日陰で、少しの時間だったが、久しぶりの制作活動を楽しんだ。


 つい最近、Seria(百均)でいいものを見つけたので、やりたくてたまらなかった飾り物作りだ。

 そのいいものとは、6個つながったLEDライトを光らせるタイプの「インテリア用ケーブルライト」だ。
DSC00660.JPGDSC00659.JPG

 
 そして、先日長崎鼻にヒマワリを見に行った際、海水浴場に降りて流木を拾って来たので、それも使うことにした。

 【材料】
  ・シーグラス(波の寄せる砂浜で拾える)3色 ・流木 
  ・ミニ試験管3本 ・LEDライト ・電池(単三2本)
  DSC00693.JPG

 【道具】
  ・穴開け用ドリル ・研磨用やすり ・ピンセット

 
 手順
  1.流木に試験管をさす穴をドリルで開ける。
    DSC00695.JPG
  2.試験管3本に、それぞれ違う色のシーグラスとLEDライトを2つずつピンセットを使って入れていく。
  3.シーグラスを詰めた試験管を、流木に下から挿す。
  4.LEDライトの電池ボックスに、単三電池を2つ入れて、スイッチを入れる。

 ややうす暗いところで点灯すると、LEDライトが色ガラスの美しさをいっそう引き立ててくれるようだった。
DSC00699.JPG

 
 
 実は、この作品にはずい分前に作った同様のモチーフの作品が存在する。

 それは、シーグラスを太陽の光にすかして見るかたちの下の作品だ。
 DSC00704.JPG
 
 これは、太陽光に輝く時は、それなりにきれいだが、光のない室内では、ぱっとしない飾りだった。

 しかし、今回手軽に中に挿し込めるLEDライトを見つけたために、夜の室内でも十分楽しむことができるようになった。
DSC00718.JPG


 これも、「葉脈を光に透かして見る作品」(7月19日紹介)と併せて、「光に映える」シリーズとしようと思う。


  
ラベル:クラフト
posted by よっちゃん at 20:15| Comment(0) | 製作 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする