2018年09月18日

昭和の町の商店街で「夜市」が復活~楽しみ~

 今日の「大分合同新聞」朝刊に、豊後高田市「昭和の町」の商店街で、「夜市」が復活するとの記事が載っていた。
DSC00943.JPG
  「大分合同新聞」朝刊より

 観光客だけでなく、地元客も呼び込んで、昭和の町をさらに盛り上げていきたいとの思いがあるらしい。



 「夜市」自体は、昭和の良き時代には開催されていたようだが、長らく途絶えていて、今回30年ぶりの復活だという。

 そう言えば、自分が以前住んでいた町も、「シャッター街」と化してしまった商店街を盛り上げるため、夏の期間だけ毎週土曜日に「土曜夜市」なるものを開催していた。



 豊後高田では、毎月、月末の土曜日に開催されるようなので、その日の夜は、きっとたくさんの人で賑わうだろう。

 特別セールや、スタンプラリーやフォトコンテストなどのイベントも準備されているようなので、ぜひ参加してみたい。



 仕掛人である市観光まちづくり会社の小池さんが扮する昭和のヒーロー「月光仮面」の活躍も楽しみだ。


posted by よっちゃん at 19:33| Comment(0) | 観光 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年09月17日

食堂「美のり」さんは、料理も対応も実に素晴らしい!!

 やっと 「美のり」さんの予約がとれた。行ったら、予約日の行き違いがあったにもかかわらず、すぐに気持ちよく対応してくれた。

 料理は、評判通りの美味しさ。

 量も見ての通り、お刺身だけでもこのボリューム(一緒に写っているのは、突き出し(お通しとも言う)が2品)。
美のり.jpg

 このあと、先付け(たこ&はも&わかめの酢味噌がけ)、焼き物or煮物、鳥唐揚げ、天ぷら、茶碗蒸し、寿司、味噌汁、デザートと続いた。

 
 あまりの多さに一緒に行った五人中だれ一人として完食できず。

 残した分は、お持ち帰り用の大パック四つにもなった。(フードパックは1つ10円で分けてくれる)


 そう言えば、この近在の人が以前、食べきれない量であることが分かっているので、「タッパー持って行く」と言っていたのを思い出した。

 
 このクオリテーィーで、この量が出てくるので、ついつい食べ過ぎてしまいそうだ。

 

 また、せっせと給仕してくれたバイトの子の応対も、はきはきとして大変気持ち良かった。

 我々は、料理の内容にも、お客への対応にも、全員大満足で帰途についた。




 料金は、休日の夜なので、コースしか対応してなくて、この内容でなんと2000円+税。でも、これで十分。


 場所は、豊後高田市街から国道213号線を北上して「真玉地区」へ。
 
 左手の「久留米ラーメン」を過ぎて、「スーパーバリューまたま」というスーパーの手前。

 二階建ての一軒家に見え、入り口も普通の民家の玄関のようだが、営業中は暖簾がかかっている。


 営業時間は、昼ー11:30~14:00 夜ー 17:00~21:00。

 昼も夜もお客さんが多く、予約もとれないことがよくある。

 行くなら、「空き」を確認してからがいいかもしれない。


 豊後高田に来たら、絶対行きたいお店の一つで、間違いない。
posted by よっちゃん at 22:36| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年09月16日

みんなで楽しんだ「童話と紙芝居」の会でした

 昨日と今日は、中村建材店さんの「住まいの総合展示会」で、「音むすび」のボランティア活動として、「童謡と紙芝居を楽しむ会」を行ってきた。
DSC00919.JPG

 今日が、会の発足以来初のステージで、たくさんの子ども(より大人の方が多かったかも)が楽しんでくれた。
DSC00922.JPG

 
 歌は、「夏の思い出」「ぞうさん」「かもめの水兵さん」「少年時代」「さんぽ」の五曲。

 歌の合間には、メンバー書下ろしの「紙芝居」で、国東の民話に材を取ったもの(河童と鬼)を、午前と午後で一つずつ。



 演奏・紙芝居は、ショールームのキッズコーナーで行ったのだが、「おじいちゃん・おばあちゃんから子ども・孫まで楽しめる会」にということで選曲していたので、どの世代でも十分楽しめたようだった(自己満足)。


 特に、ハーモニカの名手Hさんの使うハーモニカは、演奏のみならず、その外観も子どもたち(いや大人もか)の興味をひくようで、かぶりつきで見入っていたお子さんもいた。

 「ぞうさん」で使ったその大きなハーモニカは、「バスハーモニカ」と言って、とても低い音が出せるものだ。
DSC00907.JPG

 こんなに大きなハーモニカは、ほとんどだれも見たことがないので、みんな興味津々で聞き入っていた。


 「月波や」さんによる紙芝居の読み聞かせも、臨場感あふれる読み方で、かぶりつきで見ていたお子さんもいた。

 
 会場は、子どもも大人も和やかな雰囲気で、こちらも気持ちよく演奏することができた。

 共に歌ってくださった皆さん。一緒に演奏してくださった皆さん。ありがとうございました。


posted by よっちゃん at 21:12| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする