2018年09月15日

昭和の町の「大衆食堂 大寅屋」さんは、安さがハンパないって~!

  今日は、「音むすび」のボランティア活動でご一緒している皆さんとお昼を食べに昭和の町に出かけた。


 目的のお店は、「昭和の町」の通称「駅前通り」にある「大衆食堂 大寅屋」さん。
DSC00918.JPG
 
 昭和のテーマパーク「ロマン蔵」からは、目と鼻の先だ。


 佇まいは、まさに「ザ・しょうわ」といった風情で、ショーケースもご覧の通り、昭和のまんま。
DSC00917.JPG


 この店は、昭和3年創業の知る人ぞ知る「昭和の町」の名物食堂で、何と40年近く値上げしていないとのこと。(知らない人はそのうちテレビ朝日の「スーパーJチャンネル」で見られるかも…。取材に来てたので…)
DSC00916.JPG

 上の張り紙の通り、メニューを見ると、どれも驚くくらい安い。
DSC00915.JPG

 さらに、常連さんにはサービスで、「おでん」の天ぷらなどを連れの分まで出してくれるという大盤振る舞いぶり。


 今回は、このメニューの中から、350円のチャンポンを選んだ。
DSC00914.JPG

 350円といえど、あなどれない。

 ちゃんとお肉も野菜もたくさん入っていて、味も昔からある家庭の味を思わせるおいしさだ。


 どんぶり鉢は若干小さ目なので、女性は足りるだろうが、若者は「ちゃんぽん定食(飯・おでん・小鉢・漬物付き)ー600円」等を頼むといいかもしれない。

 
 メニューのラインナップで、やはり気になるのは、王道の「丼物」や「カレー」だ。

 次回来た時は、それらにもトライしたい。

 
 今回連れて行って下さつたHさんありがとう!!


 
posted by よっちゃん at 19:50| Comment(2) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年09月14日

NHKテレビ「命あふれる里山~国東半島 田染荘」は思った通りだった

 今日は、移住前からその名前だけは知っていた「田染荘」を舞台にした番組がNHKで放送されるということで、楽しみにしていた。
DSC00900.JPG
 NHKテレビ「命あふれる里山~国東半島 田染荘」より


 「田染荘」は、国東半島にある六郷の一つで、宇佐神宮の荘園として開墾されたのが始まりだそうだ。

 そして、この地域が全国に名を轟かす程有名な訳は、ここにある集落や水田が、開墾が始まったその当時(平安~鎌倉時代)とほとんど変わらない形で1000年以上も残されてきたかららしい。
DSC00905.JPG



 このNHK大分局が「フカナビ オオイタ」の番組として制作した今夜の番組は、「命あふれる里山~国東半島 田染荘」というタイトルで、小さな動物たちの命のいとなみを記録したものだった。



 訪れたいと思いながらまだ訪ねられていない「田染荘」は、期待していた通りで、昔からある田をそのまま守り継いできたからこそ、豊かな自然がたくさん残っていた。


 水がきれいだからこそ生息していける「ホタル」や「サンショウウオ」など、「カエル」以外にもたくさんの命の営みがそこにはあった。

 

 中でも豊かな自然を描くためにスポットをあてて、根気強く記録してあったのが、猛禽類の「サシバ」だった。
DSC00902.JPG

 渡り鳥らしいが、この「田染荘」で夏の間に必死で子育てをする様子が、他の小動物や鳥たちとの関わりの中で、詳しくとらえられていた。


 今日、外出途中に「トンビ」は見たが、その仲間で羽を広げると1m余りもある大きな「サシバ」という鳥がいることを初めて知った。


 番組中では、「サシバ」が育てていた4羽の子どもも、無事成長してみんなが巣立ちを迎えていたが、これも里山の豊かな自然あってのことだろう。


 これから稲刈りを迎える「田染荘」の棚田は、日に染まると黄金色で、きっと何とも言えないくらい美しいと思う。


 「田染荘」は、まだ写真でしかお目にかかっていないので、すばらしい里山の景色や繰り広げられる自然の営みを、今度は自分の目で確かめに行きたい。

 

posted by よっちゃん at 21:02| Comment(0) | 自然 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年09月11日

色づく落ち葉~秋の気配が

 雨が降ったあとの今日は、絶好の草むしり日和だ。
 
 この間からの雨で、草たちも息を吹き返したように生えてきている。

 
 そこで、庭に出て、黙々と草をむしっていると、桜の木からはらはらと風に吹かれた落ち葉が舞い落ちてくる。

 少し前の暑さがウソのように、このところ気温が下がったせいで、落ち葉がきれいに色づいている。
DSC00890.JPG

 色は、ところによって赤だったり、黄色だったり。

 そのグラデーションが、絶妙のバランスで感じがいい。

 不規則な虫食いの大小の穴も、模様としてちょうどいい具合だ。

 きれいな落ち葉を見ると、何だか和むな~。



 美しいものを見るのは、修行のような草むしりの気分転換にもってこいだ。

 きれいな落ち葉を手に取って、少しだけ鑑賞しては、また手を動かし始める。


 落ち葉がどっさりと降る頃には、ありすぎてうんざりということになるのだろうが、今日はちょうど良い加減の量であった。




 また、明日は雨の予報が出ている。

 これから一雨ごとに、秋が深まっていくのだろうな~。


posted by よっちゃん at 19:49| Comment(0) | 自然 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする