2018年09月16日

みんなで楽しんだ「童話と紙芝居」の会でした

 昨日と今日は、中村建材店さんの「住まいの総合展示会」で、「音むすび」のボランティア活動として、「童謡と紙芝居を楽しむ会」を行ってきた。
DSC00919.JPG

 今日が、会の発足以来初のステージで、たくさんの子ども(より大人の方が多かったかも)が楽しんでくれた。
DSC00922.JPG

 
 歌は、「夏の思い出」「ぞうさん」「かもめの水兵さん」「少年時代」「さんぽ」の五曲。

 歌の合間には、メンバー書下ろしの「紙芝居」で、国東の民話に材を取ったもの(河童と鬼)を、午前と午後で一つずつ。



 演奏・紙芝居は、ショールームのキッズコーナーで行ったのだが、「おじいちゃん・おばあちゃんから子ども・孫まで楽しめる会」にということで選曲していたので、どの世代でも十分楽しめたようだった(自己満足)。


 特に、ハーモニカの名手Hさんの使うハーモニカは、演奏のみならず、その外観も子どもたち(いや大人もか)の興味をひくようで、かぶりつきで見入っていたお子さんもいた。

 「ぞうさん」で使ったその大きなハーモニカは、「バスハーモニカ」と言って、とても低い音が出せるものだ。
DSC00907.JPG

 こんなに大きなハーモニカは、ほとんどだれも見たことがないので、みんな興味津々で聞き入っていた。


 「月波や」さんによる紙芝居の読み聞かせも、臨場感あふれる読み方で、かぶりつきで見ていたお子さんもいた。

 
 会場は、子どもも大人も和やかな雰囲気で、こちらも気持ちよく演奏することができた。

 共に歌ってくださった皆さん。一緒に演奏してくださった皆さん。ありがとうございました。


posted by よっちゃん at 21:12| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする