2018年09月25日

毎年律儀な「彼岸花」だこと

 「彼岸花」とは、よく言ったものだ。

 毎年、必ずお彼岸になると、いつの間にか田の畔や川の土手にさいている。

 いきなり真っ赤(大抵の場合)な花が咲くので、驚かされるが、いつの間にそんな準備をしたのだろう?
DSC00961.JPG DSC00934.JPG
ウチの横の川に群生する彼岸花 ウチの庭に咲いた彼岸花


 調べてみると、彼岸花は花の咲いた後に、葉を茂らせ光合成を行い、養分を地下の球根に蓄えるのだそうだ。

 道理で、花が咲くまで茎や葉が目立たないから、彼岸花がいきなり花をつけたように見えたのか!


  
 昨日は、ちょっと遠出をしたら、田んぼの畔に彼岸花が見事にすき間なく植えられているのに出くわした。

 その規則正しさに、思わず車を止めて、写真に収めた。
DSC00985.JPG



 彼岸花には毒がある(特に球根に)ため、田畑の作物を害虫・害獣から守るために田畑の畔に植えられるようになったらしいが、この辺りの規則正しさは群を抜いている。

 これならモグラも、畔のどこにも穴をあけることはできないだろう。
 

 
 明日は彼岸明けなので、慌てて父の墓(納骨堂)に参ってきた。

 「お彼岸」に「墓参り」とは、日本独特の風習らしいが、祝日である「秋分の日」にも、「祖先を敬い、亡くなった方を偲ぶ」意味があるらしいので、やっぱり墓参りにはぴったりな日ではある。


 彼岸花も、毎年忘れずこの時期に花をつけるので、我々も毎年忘れないで墓に参らなけりゃな。 

 
posted by よっちゃん at 20:10| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする