2018年10月31日

「一箱古本市」のためにステキな「おまけ」を準備しました

 今日は、11月3日(土)に西叡山高山寺で行われる「一箱古本市」の準備をした。

 自分もその日かぎりの「店主さん」に名乗りを上げ、古本を売るつもりだからだ。


 
 しかし、ただ古本を並べて売るだけでは芸がないし、無論それではお客さんも目を止めてはくれない。

 お店のディスプレイなども自分で考えて売れる工夫をするというのが、この「一箱古本市」の面白みでもあるのだそうだ。



 古本は少し前からある程度箱に入れていっていたが、その周辺のことには手をつけてなかったので、急いで準備を始めた。

 しかし、初めてのことなので、なかなかはかどらない。

 看板や本を紹介するポップなどを「ああでもない。こうでもない」と言いながら作っていたのだが、ふと事務局から送られてきた「店主マニュアル」の中にあった「独自のしおりやおまけなどを付けるのも楽しいです」という文に目が止まってしまった。

 値札つけよりもそっちの準備の方が楽しそうなのである。


 
 そうなると、もう止められない。

 数日前から庭で拾って「押し葉」にしておいたきれいなサクラの落ち葉を、しおりに仕立てることを思いついた。



 そうして、値札付けはそっのけで作ったのが、本にはさむ下の写真のような栞たち。
DSC01242.JPG

 作り方は、わりと簡単。

 色西洋紙に押し葉をのせ、上からブックフィルムでコーティングして、クラフトはさみで周りをぎざぎざに切り取り、穴をあけてリボンをつけただけ。


 きれいな落ち葉が手に入る今だからできる季節物。


 しかし、これだけでは物足りないため、裏に名言を書くことにした。

 とは言っても、自分のノーミソから名言をひねり出すのは難しいので、板倉清宣さんがまとめた『発想法カルタ』(仮説社)という本の中から、自分なりに気に入っているものを使わせてもらうことにした。
DSC01247.JPG

 板倉清宣さんは、《仮説実験授業》の生みの親で、残念ながら今年二月に亡くなられるまで、精力的に「科学する楽しさ」や「根源的に考えることの大切さ」を世に広められた方である。

 その方が「ことわざ的な発想の面白さを生活に生かして楽しもう」「一つのことにとらわれない自由な発想の仕方ができると楽になるよ」と考え、日ごろ重視している感え方・発想の仕方をまとめたものが、『発想法カルタ』だ。

 自分もこの中の言葉にずいぶん教えられ、助けられたような気がする。
DSC01243.JPG

 これを作りながら、我ながら良い「おまけ」ができたと自画自賛。


 ただ、後の作業は明日以降になってしまった。


 
 11月3日は、この本をはじめ板倉さんの本も多数販売するつもりなので、たくさんの人が訪れてくれることを願っている。


 
ラベル:本・コミック
posted by よっちゃん at 21:24| Comment(0) | 製作 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年10月29日

豊後高田市は、様々なイベントで大盛り上がり

 昨日は、実にイベントが盛りだくさんの日であった。

 午前中は、図書館での「科学講座」で、午後から市役所の「コスモスホール」であった「サンキュー・カフェ」と、その後中央公園であった「昭和の町音楽祭」を見てきた。
昭和の町音楽祭.jpg
豊後高田市ホームページより


 「サンキュー・カフェ」には、「ザ・クレッシェンド」というハーモニカカルテットのグループと、「ゴスペル・クワイアー・ジョイ」というゴスペルグループが出演されていた。


 自分は、ハーモニカでの四重奏を聞くのは初めてで、メロディーを奏でるハーモニカ以外に、リズムをきざんでいるコードハーモニカやバスハーモニカが音の幅を何倍にも広げているのがすばらしいと感じた。
DSC01224.JPG

 演奏された曲も、豊後高田ならではのご当地ソングあり、わらべ歌あり、最後には「また君に恋してる」とポップスでしめくくるというバラエティーに富んだ選曲で、一緒に歌う参加者も十分楽しめたようだった。


 
 その後のゴスペルは、とてもリズミカルで迫力もあり、体が自然に動き出すような感じ(実際に動かす場面も設けてあったし)で、こちらもとても楽しかった。

 何より、歌っている方たちが、歌うことを心底楽しんでいることがよく伝わってきた。

 大袈裟でもなんでもなく、本当にメンバーの方全員が、「生きてる喜び。仲間と歌える幸せ。」に満ち溢れていた。
DSC01230.JPG


 
 その後、後片付けのお手伝いをしてから、中央公園へと向かった。

 ちょうどお笑いの「どぶろっく」さんが、野外ステージで歌を歌っていた。
DSC01234.JPG

 次々と繰り出す歌やMCでしっかりとお客さんを引き込み、会場中をすごくわかせていた。

 さすがプロの技だと間近で感じることができた。
DSC01233.JPG


 空は雲一つない爽やかな秋晴れの下、大勢のお客さんがステージ上のパフォーマンスや周辺の屋台で、楽しさを満喫していた。 
DSC01231.JPG

 実に充実した一日であった。 

  

 
posted by よっちゃん at 21:18| Comment(0) | 観光 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年10月28日

図書館での科学講座《仮説実験授業》に大満足‼

 今日は図書館主催の市民講座のひとつとして、「科学教室」を開かせてもらった。

 図書館のポスターには、「電気で実験!ドキドキ★チャレンジ」と銘打たれていたが、本物のタイトルは《仮説実験授業》の「電気を通すもの・ 通さないもの」である。



DSC01069.JPG
図書館の入り口等に貼られていた大型のポスター
 

 はたしてどのくらいの参加者があるか全く見えなかったが、ふたをあけてみると、定員20名のところ19名の参加者(子ども16名・大人3名)に、付き添いの大人や図書館の方10名くらいで、会場がちょうど満杯となったのでよかった。
DSC01216.JPG

 今回保護者同伴なら幼児も来ていいようにしていたため、年齢層も保育園児から70歳を超えた方までずいぶんと広くなったのは驚きであった。



 最後に、この講座の「たのしさ度」を5段階で評価してもらったところ、5点満点が16人、4点が2人(1人不明)と、たとえ幅広い年齢であっても、全員がこの講座に満足してもらえたことが分かってサイコー‼。

 たとえ、年齢にかなりの差があったとしても、一様に楽しめるところが《仮説実験授業》のいい所である。

 
 そして、今日はけっこう物おじせずに発言してくれる子どもや大人がいて、それも楽しさ度を引き上げた要因となった気がする。

 70歳を超えた方も図書館の館長さんも、子どもに交じって意見を言って下さった。
DSC01219.JPG


 また、感想も書いてくれた子が多数いて、感想用紙にはとてもうれしい言葉がたくさん並んでいた。

 感想
 ◆電気がおもしろかった。(はるねさん)
 ◆ひかってすごかったです。(ゆみかさん)
 ◆電気を通すものなどが分かってよかったです。(みのりさん)
 ◆ミチヒロ先生が面白かった。(こうせいさん)
 ◆えんぴつのしんは電気が光るというのがびっくりしました。(中略)とてもよりとてもとてもとってもたのしかったです。(めいさん)
 ◆またここにきたい。(ゆうさん)


 特に最後の「またここにきたい」という言葉は、自分にとって最上級のプレゼントとなった。




 図書館の館長さんからは、「これだけ好評ならば、シリーズ化したい」と言ってもらい、そちらもうれしい言葉であった。

 また、講座に参加されていた市の教育総務課の方も、「豊後高田少年少女発明クラブ」の事業を手伝って欲しい旨のことを言い置いて帰られた。

 こちらは複数人数で対応してあるようなので、どうなるかはまだ分からないが、声をかけていただけるのはありがたいことである。


 

 豊後高田に来て約半年。

 こちらの子どもたちとも「科学」を楽しむことができて、「今日はとてもいい日になった」と自己満足。

 

 この会のためにいろいろとご尽力いただいた方がたと、今日いろんなイベントが錯綜している中、この講座を選んで来てくれた参加者のみなさんに感謝したい。



posted by よっちゃん at 20:16| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする