2018年10月15日

「真木大堂」の仏像たちは迫力満点

 昨日はいい行楽日和だったので、「田染荘」の収穫祭を覗いたついでに、同じ田染地区にある「真木大堂」を訪ねてみた。

 

 「真木大堂」は、『聖なる霊場・六郷満山』(大分県立歴史博物館編)という本の口絵の最初にあげてあった「大威徳明王立像」があるというので、見るのを楽しみにしていた所だ。

 写真で見る「大威徳明王立像」は、その形相もさることながら、水牛に乗っている所も、何とも勇ましく迫力がありそうだった。
DSC01114.JPG
『聖なる霊場・六郷満山』(大分県立歴史博物館編)より


 
 「真木大堂」とは、もともとは馬城山伝乗寺(まきさんでんじょうじ)というのが、本来のお寺の名称であったようだが、そのお寺自体は約700年前に火災で焼失したらしい。

 その後、下の写真の旧本堂に仏像たちは置かれていたらしいが、今は国東半島では珍しい木造の仁王像を残して、九体の仏像たちは収蔵庫に移されていた。
IMG_1700.JPG IMG_1689.JPG


 
 そこで実際に見た「大威徳明王立像」は写真以上で、その大きさといい六面六臂六足に表れた力強さといい、しばらく見入ってしまった。

 木だけを彫って、こんな大きな像を仕上げるには、すごい技と労力が必要であったろう。

 古の匠の技と熱意に感心してしまった。

 パンフレットによると、「大威徳明王」の像としては、大きさが日本一なのだそうだ。




 その右隣の中央には、本尊の「阿弥陀如来座像」が「四天王立像」を従えて安置されていた。

 こちらも像高2メートルを超える座像で、大粒の螺髪を頂いた頭の大きさといい厚みのある体躯といい、こちらも迫力満点である。
DSC01118.JPG
「真木大堂」パンフレットより

 さらに、四方に従えている「四天王像」の顔や邪鬼を踏みつける立ち姿からも、気迫が十分伝わってくる。





 そして、最後に見た一番右側の三尊が、左右に「二童子像」を従えた「不動明王」である。

 こちらも大きさといい、半眼の左目や上下に牙を出した口といい、何とも異形の様相である。

 さらに、背後には激しく燃え盛る迦楼羅炎を背負っているので、こちらも迫力満点である。
DSC01116.JPG
『聖なる霊場・六郷満山』(大分県立歴史博物館編)より

 「大威徳明王」と同様、いかにも悪魔を追い払ってくれそうな威厳と気迫が感じられる。

 こちらも、木彫の不動明王としては、大きさが日本一なのだそうだ。



 収蔵庫の中は、写真撮影NGなのが大変残念であった。

 

 
 しかしながら、保管されているガラス越しに見ただけなのに、いずれの像も想像していた以上に大きくて、九体全部が迫力満点。

 とても人の手で木から彫り出したとは思えないような魂のこもった感じを受けた。

 ひょっとすると、これらを彫った人たちにも、神や仏が宿っていたのではないかと思えるようであった。




 「真木大堂」は、豊後高田市街から県道34号線を南東へ11km程進み、「真中交差点」を右折して1.5km程南進すると、県道をはさんで左に駐車場、右手に収蔵庫が見えてくる。

 収蔵庫の北側には江戸時代に建てられたという旧本堂。

 そのさらに北側には、この付近に散在していた国東塔、宝筐印塔(ほうきょういんとう)、庚申塔(こうしんとう)、五輪塔、板碑、石仏等多くの石造文化財を一堂に集めた「古代公園」がある。

 

 拝観料は300円で、拝観券とパンフレットをいただける。

 

 
posted by よっちゃん at 20:43| Comment(0) | 伝統文化 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年10月14日

やはり「田染荘」の景観はすばらしい

 今日は、絶好の秋の行楽日和。

 そこで、田染荘で行われている収穫祭に行ってみることにした。

 

 中世の面影を残す田園風景とは、どのようなものなのだろうか?

 荘園米で作ったおにぎりをはじめとする物販も多数あるというので、期待しながら出かけた。



 収穫祭の会場には十一時前に着いたのだが、いろんな食べ物を販売するお店からのおいしそうなにおいが立ち込めており、急に空腹感を覚えた。
IMG_1655.JPG

 そのため、早速新米で作ったおにぎりのパックと軍鶏汁を買い求めて食べた。

 おにぎりは3種類(白米・豆ごはん・炊き込みごはん)入っていたが、どれももちもちとした食感でおいしかった。

 軍鶏汁も、骨付きの軍鶏肉から味がよく出ており、薄味に仕上げてあったので、こちらもおいしかった。

 デザートというわけではないが、甘味として「ふくいも」さんの「冷やし焼き芋」もたてつづけに完食し、まずはお腹が満ち足りた。



 それから、きれいな稲穂が秋の日を受けて金色に輝いている田んぼを見たり、「案山子コンクール」の案山子を見たりして回った。
IMG_1643.JPG IMG_1644.JPG

 残念ながら、収穫祭会場前の田んぼはほぼ刈り入れが終わり、波打つ稲穂が輝く棚田の景観を見ることは叶わなかったが、それでも「田染荘展望台」まで上がって、田染荘の全景を見下ろしてみた。
IMG_1667.JPG

 「田染荘」は思っていたよりも狭かったが、田んぼの黄金色と森の緑が、澄んだ秋空の青に映えて、とてもきれいだった。
IMG_1647.JPG



 自分たちはたまに来て、「田園風景はいいもんだなあ」などと勝手なことを言っているだけだが、先人から代々受け継いできたこの田畑を、このままの姿で維持し続けてきたのは大変なことだったと思う。

 我々は、この景観を守り続けてきた人たちのおかげで、今なお残る「豊かな自然」や国内でも貴重と言われる「生きた荘園遺跡」に出会えるわけだ。




 秋晴れの一日。こんな自然が豊かでのんびりとした場所で過ごす休日は、とても気持ちのいいものだった。


 十一月には、またここで、水田の畦道をLED照明で飾る「千年のきらめき」というイベントが企画されているようなので、それも味わいにぜひとも来たいと思う。


 
 
posted by よっちゃん at 17:30| Comment(0) | 観光 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年10月13日

かわいいヤギたちに癒された~

 この頃よく散歩するコースを、今日も歩いていると、どこからか「メ~ッ」という声がする。

 この辺りには、シカだけでなくヤギも出るのだろうか?

 不思議に思って、声のする方へ歩を進めると、いたいた。

 どうやらそこは、廃校になった小学校のプールの敷地らしい。

 そのプールの横に首輪をしているヤギが、全部で三頭いた。
DSC01090.JPG

 近くには、世話をしているらしいおじさんもいらっしゃった。

 そのうちの一頭が、おじさんの後を追って「メ~、メ~」鳴いている。

 ずい分と甘えっ子のようで、一生懸命に後を追うその姿が何ともかわいらしい。

 かわいらしいその様子を見ていると、何とも癒される。

 
 

 近づいて撫でたり、草を食べさせたりしてみたいが、途中に柵が設けてあって、自分は近づくことはできなかった。

 

 おじさんがいなくなった後は、プールサイドをぴょんぴょんとうれしそうに走り回っていた。

 大きいヤギと小さいヤギ。親子だろうか?

 追いかけっこしている様子もとてもかわいらしい。
DSC01081.JPG
 

 時々、高い所に上がって、声をかけて呼んでるこちらの方を見る。

 一番大きいのが、お父さんヤギだろうか?

 オスヤギらしく、立ち姿がなかなか凛々しくてかっこいい。
DSC01082.JPG
 あんなに細くて高い場所に軽々とよく登れるものだ。


 元々は岩場などで暮らすヤギならではの芸当というか、習性なのだろう。



 昔の農家は、よくヤギを飼っていたらしいが、珍しい場所でヤギと出会ったものだ。



 後で聞いたら、そのヤギたちは、あの「山羊のミルク」を使ったスイーツを出している「CAFEちいばす」さんの所のヤギだった。

 「ちいばす」のご主人は、「五頭いる」と言われてたようだったので、他の所にもまだいるのかもしれない。


 
 それにしても、かわいいヤギたちだった。

 また、会いに行こう。


 
posted by よっちゃん at 20:44| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする