2018年10月12日

田んぼの中にぽつんと小さな薬師堂が…

 豊後高田市の真玉地区にある真玉小学校から県道654号線をはさんで見下ろす位置にある田んぼの中にそのお堂は建っている。
DSC01065.JPG

 その名も「常盤薬師堂」。
DSC01067.JPG

 お堂の中には何もなく、お堂を抜けたその向こうに本尊の「薬師如来様」をぐるっと取り囲むように「国東塔」や「庚申様(青面金剛)」等がコの字を描くように立っている。
DSC01029.JPG DSC01028.JPG
DSC01026.JPG DSC01025.JPG

 なぜか庚申様は大小2基あり、彫られている内容にも、一方は三猿と一鶏だが、もう一方は二猿と二鶏と違いがある。

 その違う意味は分からないが、二基とも建てられた時代は西暦1700年辺りで、とても近そうである。




 これまで社寺仏閣と言えば、山を背に(または山腹に)したり森に囲まれたりしていることがほとんどであった。

 だがここでは、こんな見通しの良い田んぼの真ん中にポツンと小さなお堂があるなんて、何とも不思議な空間だ。

 こんな田んぼのただ中に、この一角だけが別世界である。

 

 ここも、この地に暮らしてきた人たちが、昔から農作業の行き帰りに。
また、農作業の合間を縫って、きっと日常的に拝んでいたのだろう。


 
 これも信仰の一つの形である。


 
posted by よっちゃん at 20:48| Comment(0) | 伝統文化 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年10月11日

雨模様の中、大きなカタツムリが結婚

 このところ、あまり天気がよくない日が続いている。
 
 洗濯物がカラッと乾かなくて、何となくうっとおしい。


 しかし、こんな天気がうれしい生き物もいる。

 うちの庭で時々見かけるカタツムリだ。

 豊後高田で見るカタツムリは、今まで見た中で最大だ。

 先日見つけた下のカタツムリの殻(中はなし)は、差し渡しが何と4.5cmもあった。
DSC01088.JPG
 

 そういえば、この間出てきていたミミズも大きかった(20cmは優に超えてた)よなあ~。


 

 枯草や落ち葉を積んでいると、その陰でよく見かけるが、今日は珍しく二匹が寄り添うように竹垣にはりついていた。

 大きいのとやや小さいの。
DSC01085.JPG

 これも大きいのは、差し渡しが4.5cm程。小さい方でも4cmあった。

 

 どうやら、くっついて交尾をしているらしい。

 カタツムリは雌雄同体なので、産卵のためには互いに精子をやりとりしなければならないらしい。

 長いこと、二匹合体していたが、そのうち小さい方がいなくなっていた。


 
 カタツムリのいた場所が、野菜を育てている所に近かったので、遠い所へよけてもらった。




 
posted by よっちゃん at 16:02| Comment(0) | 自然 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年10月10日

「昭和ロマン蔵」で昭和の授業体験プランのPR映像を撮ったど~

  今日は、午後から昭和の町の「ロマン蔵」で、ビデオ撮影を行って来た。

 「観光まちづくり会社」の観光PRの一つとして、ロマン蔵内の「夢町教室」を活用した授業風景を撮影するためだ。
DSC00214.JPG

 撮影隊は、豊後高田市のケーブルテレビの方々。

 自分は、その教室で授業をする教師の役割だ。

 昔懐かしい教室での授業は、「昭和の町」に合うような「昭和テイスト」の授業を行う計画だ。

 生徒さん役は、ケーブルテレビさんが連れて来られた若い女性の方三人である。
DSC01078.JPG


 撮影時間はおよそ15分ということで、昔懐かしい「ベーゴマ紹介」の授業と「懐かしの歌」を歌う音楽の授業を行った。



 「ベーゴマ」の授業では、みなさん興味深げにベーゴマを手にして、楽しそうに「ベーゴマ」クイズに参加してくれた。

 音楽は、懐かしい昭和の音が出るいうことで、下の「足踏みオルガン」の伴奏で「ふるさと」を歌ってもらった。
DSC00216.JPG

 もう一曲は、「世界を変えた名曲20曲」にも選ばれている、昭和の名曲「上を向いて歩こう」を、こちらはギター伴奏で歌ってもらった。

 両方の曲とも、昭和感たっぷりの曲で、何ともしみじみとした情感あふれる歌である。



 
 撮影は、ぶっつけ本番の流し撮りのため、緊張で変な汗が出てきたが、何とか予定のプログラムは撮り終えた。

 どんな映像がどの程度ケーブルテレビで流れるのか若干心配ではあるが、終わったことは仕方ない。

 まあ多少のミスは、ご愛嬌ということで、お許しいただこう。


 このPR映像を見て、たくさんの人が「昭和の町」観光に訪れたり、「昭和テイスト」の授業を体験してくれたらいいなと思う。
昭和体験PRチラシ.jpg
  「昭和体験プラン」の紹介ちらしより


 
posted by よっちゃん at 18:00| Comment(0) | 観光 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする