2018年10月11日

雨模様の中、大きなカタツムリが結婚

 このところ、あまり天気がよくない日が続いている。
 
 洗濯物がカラッと乾かなくて、何となくうっとおしい。


 しかし、こんな天気がうれしい生き物もいる。

 うちの庭で時々見かけるカタツムリだ。

 豊後高田で見るカタツムリは、今まで見た中で最大だ。

 先日見つけた下のカタツムリの殻(中はなし)は、差し渡しが何と4.5cmもあった。
DSC01088.JPG
 

 そういえば、この間出てきていたミミズも大きかった(20cmは優に超えてた)よなあ~。


 

 枯草や落ち葉を積んでいると、その陰でよく見かけるが、今日は珍しく二匹が寄り添うように竹垣にはりついていた。

 大きいのとやや小さいの。
DSC01085.JPG

 これも大きいのは、差し渡しが4.5cm程。小さい方でも4cmあった。

 

 どうやら、くっついて交尾をしているらしい。

 カタツムリは雌雄同体なので、産卵のためには互いに精子をやりとりしなければならないらしい。

 長いこと、二匹合体していたが、そのうち小さい方がいなくなっていた。


 
 カタツムリのいた場所が、野菜を育てている所に近かったので、遠い所へよけてもらった。




 
posted by よっちゃん at 16:02| Comment(0) | 自然 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする