2018年12月03日

豊後高田市の先人に「吉田光由」が名を連ねる

 一週間前から、請われてとある小学校で「スクールスタディサポーター(SSS)」という分かったようでよく分からない名称で学習支援の業務を行っている。

 そのうち授業もすることになるだろうが、今のところ個別に学習の支援をして回っている。 



 その小学校で、今日「総合」の授業中、子どもたちが学習に使っている副読本『伝えたい!豊後高田の先人たち』の目次を見ていたら「吉田光由」の名前が出てきた。
DSC01630.JPG

 彼の紹介は、今日の学習内容ではなかったのが、どのような紹介がされているか気になったので、急いで読んでみた。



 「吉田光由」というのはいったいどういう人かというと、知る人ぞ知る江戸時代の「和算」の大家だ。

 彼の著した算数の入門書『塵劫記』は、大変な人気で、江戸時代のベストセラーとなり、当時の多くの学者(関孝和や貝原益軒など)にも影響を与えただけでなく、明治時代の教科書の手本になったとも言われている。



 その大数学者である彼が、なぜ「豊後高田市の先人たち」の中に名前を連ねているのかというと、副読本には次のように書かれていた。

 「旅の途中、通りかかった豊後高田市の北に位置する「香々地」の「夷谷の耶馬」の風景が大変気に入り、そこに「稽古庵」という庵を建て、子どもたちを集めて数学を教えた」とのこと。

 そのため、香々地には彼のお墓があり、今も地元の人たちによって大事にされているらしい。
DSC01619.JPG
『伝えたい!豊後高田の先人たち』より

 彼のお墓は生まれ故郷の京都にもあるらしいが、光由の弟子の渡辺藤兵衛が、光由が去った後も香々地に残って数学を教えていたことから、光由の死後豊後高田にもお墓を建てるに至ったのだろう。
 

 
 その副読本には、彼の「油分け算」が紹介されていたが、市のホームぺージでも、それ以外に「薬師算」も紹介されている程の扱いだ。
DSC01626.JPG
『伝えたい!豊後高田の先人たち』より


 明治時代まで読み継がれたという『塵劫記』には、そろばんによる乗除法の解説や、米・布の売買、貨幣の両替や利子の計算、土地の面積や器物の体積などなど、日常生活に必要な計算がたくさん盛り込まれていた。
DSC01620.JPG 
 『伝えたい!豊後高田の先人たち』より

 しかし、何よりも身近な彼の業績は、大きな数を「一・万・億・兆 ~ ~ ~ 恒河沙・阿僧祇・那由他・不可思議・無量大数」と命数法を著して使えるようにした点であろう(もちろん小さい数の表し方も記している)。




 機会があれば、香々地にあるという彼のお墓にも行ってみたいと思う。 
 
posted by よっちゃん at 20:26| Comment(0) | 伝統文化 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年12月02日

荘厳なたたずまいの「富貴寺」は、紅葉もいよいよ終盤だ

 もう紅葉も最後だろうと思って、富貴寺の紅葉を見に行って来た。
DSC01560.JPG

 ちょうど、落葉が始まるこの時期に、毎年ライトアップと雅楽の奉納が行われているようで、お堂の前には赤い毛氈が敷き詰められていた。
DSC01550.JPG


 毛氈のおかげで、イチョウの絨毯は少ししか味わえなかったが、木々の紅葉は最後の美しさを放っていた。
DSC01558.JPG



 このお堂は、「宇治平等院鳳凰堂」「平泉中尊寺金色堂」と並ぶ日本三阿弥陀堂のひとつに数えられ、九州最古の木造建築物として国宝に指定されている由緒ある寺院らしい。

 この大堂も、中に祀られている木造阿弥陀如来像も、平安時代後期(12世紀)の制作と見られるそうで、こちらも国の重要文化財に指定されている。
DSC01610.JPG
  「富貴寺パンフレット」より



 この寺院は、末法思想が広まった平安時代に、何とか極楽浄土に往生を遂げたいと、宇佐神宮の神宮司であった宇佐氏が祈りを捧げる場所として建立したと聞く。

 しかし、時代の流れとともにいつしか管理する人もいなくなり、大正時代くらいまでは子どものかくれんぼの場所などになっていたらしい。



 そのため、建立当時には、阿弥陀如来像の周りを彩っていた極楽浄土や様々な仏菩薩を描いた極彩色の壁画の劣化は激しく、今ではみる影もない。


 聞くところによると、大分県立博物館に、その創建当時の美しく鮮やかな壁画が再現されているらしいので、そのうち博物館にも行ってみようと思う。
DSC01615.JPG
『聖なる霊場・六郷満山』(大分県立歴史博物館編)より


 お堂といい如来像といい、うかがい知れる当時のその荘厳さからは、当時の人々の末法への不安や極楽往生への強い憧れが十分感じられる。




 残念ながら、次の予定があったため、ライトアップや雅楽奉納まで留まることができなかったが、きっと今も昔もさぞや幻想的な景色が見られただろう。

 
 戦時中は空襲の被害にもあったようだが、よくぞ無事に千年近くも持ちこたえ、こうして今も間近で当時の人たちの信仰の様子を伺い知れるなんて、本当に感慨深い。





 「富貴寺」は、豊後高田市市街から県道34号線を田染方面へ南下し、途中から東方向へ。車で約15分。

DSC01570.JPG 
posted by よっちゃん at 16:59| Comment(0) | 伝統文化 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年12月01日

音楽も料理も堪能した「花琳舎3周年パーティー」

 今日は、「花琳舎」さんで開かれた「忘年会&3周年パーティー/Jazz ライブ」に参加してきた。

 ここは、以前「たこをさばいてみんなで食べよう」でおじゃましたことのあるカフェ・ギャラリーで、日ごろオーナーの阿南妙和さんが、華道教室や作品展示、さらには民泊(グリーンツーリズム)までされているというステキな空間だ。
DSC01600.JPG

 
 
 第1部は「Swing Caravan(スイングキャラバン)」によるJazz ライブだった。

 ジャズといってもゴリゴリのアメリカジャズという感じではなく、「オーシャンゼリゼ」のようなフレンチポップス系から「ワンダフルワールド」や「マイウェイ」まで幅広く手がけるステキなご夫婦のデュオだ。
DSC01597.JPG 



 メインボーカルはアコギのだんなさんの方で、歌も軽妙な語りも流石という印象だったが、ウッドベースの奥さんとのやりとりがこれまた「掛け合い漫才」みたいで、とても面白かった。
DSC01601.JPG


 アンコールまで入れて全部で10曲程だったが、調子のいいリズムに自然に体が動いて、体がしっかりあたたまった。




 第2部は、「花琳舎3周年記念パーティー」で、オーナーの阿南妙和さんの挨拶の後、乾杯の発声を皮切りに、ほぼ立食に近い形での記念パーティーが開かれた。
DSC01604.JPG

 もちより主体の料理は、定番の家庭料理(例えばおでんや煮物・サラダ等)の他、珍しいもの(例えばココアがゆやスパイシーなグリーンカレー等)も多くて、そのどれもがとてもおいしかった。
DSC01605.JPG

 デザートの甘味までもがたくさん差し入れられていて、たらふく食べた後、欲張って回転焼きまで食べたらお腹がはちきれそうになった。



 第1部の音楽と言い、第2部のお料理といい、楽しく贅沢な時間をしっかりと堪能して帰って来た。



 「花琳舎3周年」本当におめでとう‼
 


 
posted by よっちゃん at 22:59| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする