2018年12月15日

美味しいものと出会えた、今年最後の「昭和の町・復活夜市」

 12月15日(土)は、今年最後の「昭和の町・復活夜市」だった。
DSC01662.JPG

 12月ということで、年の瀬やクリスマスをイメージしたイルミネーションや複数のサンタクロースが、商店街の雰囲気を盛り上げていた。
DSC01660.JPG DSC01658.JPG


 これまでより人出が少ない感じがしたのは、寒かったのでみんな温かいお店の中に避難していたからかもしれない。


 しかしながら、サンタクロースに扮した人たちの熱意は熱く、道行く人たちにたっぷりの愛嬌をふりまいていた。
DSC01661.JPG DSC01664.JPG
 
DSC01663.JPG
 今宵の月光仮面さんも、サンタクロースの衣装で、もはや何が何にコスプレっているのか分からない状況で、とても面白い光景であった。


 サンタなので、当然プレゼントもふりまいてて、内容はささやかでも、プレゼントをもらえたことで、うれしく温かい気持ちにさせてもらった。
DSC01667.JPG DSC01666.JPG
 サンタさんたちありがとう。そして、寒い中、本当にご苦労様!


 
 歩いていると、知り合いとばったり出くわしたので、「cafe CACHE・CACHE(カシュカシュ)」で一緒に食事&お茶をした。

 夜市限定の大セールとして、1コイン(500円)で「オムライス」を提供していたので、それを頼むと、たっぷりとかけてあったデミグラスソースが絶品で、とてもおいしかった。

 そこで、食べながら飲みながら、小一時間程楽しくおいしく歓談した。

 たった1コインでこのお料理と、この優雅なひとときを過ごすことができて大満足!



 帰りがけには、お土産として「からあげ壱気」で、本当は「ピザまん」を買いたかったが、すぐに売り切れたとのことで、揚げたての唐揚げを買って帰った。

 帰って食べた初体験の唐揚げは、自家製のたれにつけこんであって、これまた絶品であった。



 今日の夜市は、とても「美味しいもの」と出会った夜市であった。
 

 
posted by よっちゃん at 21:12| Comment(0) | 観光 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする