2019年01月16日

収穫したダイコンが、いろいろな料理になったよ!

 9月に種を播き、昨年末頃から少しずつ収穫してきた我が家のダイコンも、そろそろ最盛期。



 お店に並んでいる青首大根も、同じようにたくさんとれているのだろう。

 立派なサイズが、1本50円と大変安く売られている。

 これで採算はとれるのだろうかと、大根農家の方に同情したくなるくらいの値段だ。



 そんなことを思いながら、ウチのダイコンを抜いてみると、今までで一番大きいのが出てきた。
DSC01764.JPG

 ウチで播いたのは、一般によく見る「青首大根」とちがって「おおくら大根」という種類だ。
DSC01800.JPG

 このダイコンは、「おでん」や「ふろふき」に適するようにと、上から下の方まで同じくらいの太さになっているのが特徴だ。

 また、生で食べるとちょっぴり辛みがあり、だから煮るとそれがかなり甘みを増すようだ。


 
 大きいので、重さを計ってみると、葉を取り除いた状態でも1500gもあった。

 これなら、いろいろと使い勝手が良さそうだ。


 
 まずは、豚肉と一緒に煮たり、厚揚げに載せるためのおろし大根にしたりして、夕餉の食卓に…。
DSC01795.JPG  

 味噌汁の具にもなった。

 手前味噌だが、採れたて新鮮なダイコンは、どの食べ方でもなかなかにおいしい!



 次の日は、残った一部をぬか漬けに漬けて、残りは保存用に小さく切って切干大根になるよう天日干しに…。
DSC01798.JPG DSC01763.JPG
 


 それにしても、大根というのは、何と役に立つことか!

 いろいろと形を変えながら、実に様々な料理に利用できるものだと改めて思う。


 菜園には、もうちょっとだけダイコンが残っているので、次こそ「おでん」か「ふろふき大根」にしてやろうと思う。



 
 
posted by よっちゃん at 20:07| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年01月14日

粟嶋公園内のCAFE&KITCHEN 「結(YUI)」のピザは最高!

 ぽかぽか陽気に誘われて、眺めのいい粟嶋公園内のCAFE&KITCHEN 「結(YUI)」にお昼を食べに出かけた。
DSC01778.JPG

 ここは、石窯ピザと本格コーヒーがが味わえるということで有名だ。
DSC01794.JPG


 入口を入ると、すぐ目の前で、店主さんが顔を真っ赤にしながらピザを焼いていた。
DSC01781.JPG

 冬でもピザ窯のそばはけっこう熱そうなので、夏場は相当の熱さとの格闘になるだろう。



 席について頼んだのは、「マルゲリータ」と「スモークサーモン」のピザ2枚と飲み物。
DSC01773.JPG
DSC01775.JPG

 少し待つと、円い木の皿に載ったあつあつのピザが運ばれてきた。

 
 「マルゲリータ」にはチーズが、「スモークサーモン」にはピンクのサーモンがけっこう載っている。
DSC01783.JPG DSC01784.JPG

 食べてみると、生地が程よい厚さで、具材やソースとのバランスもバッチリ!

 端っこの膨らんだ部分もモチモチとした食感でおいしく、けっこうな食べ応えがあった。

 そのままでも十分おいしいのだが、テーブル毎に備えてある「オリーブオイル」をかけて食べると、最高の味わいに…。



 飲み物は「アメリカーノ」を頼んだら、けっこう苦みのある本格的なコーヒーの味わいであった。
DSC01776.JPG

 エスプレッソを頼んだ訳ではないけれど、ネットのお店情報で見たイタリアのエスプレッソマシーンというやつが使われていたのだろうか?

 この感じなら、エスプレッソはかなり苦い本格的なコーヒーが味わええるかもしれない。

 
  
 ピザは、一人で一枚食べたが、十分満足できる量であった。



 店を出た後、お店のすぐ横にある高い展望台に上がってみた。
DSC01793.JPG

 遠くまで見渡せる海の眺望は抜群で、とても気持ちの良いものだった。
DSC01791.JPG

 風がほとんどなかったため、穏やかな水面は、午後の日差しを浴びてキラキラと輝いていた。
DSC01786.JPG
 

 好天に恵まれたので、駐車場は車やバイクでけっこうな賑わいに…。
DSC01792.JPG

 暖かかったので、外のテラス席を利用するお客さんもいた。

 テイクアウトもOKということなので、次来るときは、海を見ながらピザを食べることにしよう。

 
 お店の情報
 DSC01777.JPG
      (メニューより) 
          
     
posted by よっちゃん at 17:53| Comment(0) | 観光 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年01月13日

梅の花がほころび始め、明るい気分に…

 今日は、天気が回復して、全く暖房の要らないぽかぽか陽気だった。

 風は冷たい日もあるが、この陽気に、今週は庭の梅の蕾がぽつりぽつりとほころび始めた。



 紅梅と白梅。
DSC01767.JPG DSC01766.JPG

 白梅よりも紅梅の方が後から開き始めたのに、あっという間に、白梅の花の数をしのいで紅梅が次々と花を開かせている。

 おかげで、葉っぱが散って寒々としていた庭が、少しだけ明るくなったようだ。



 すると、待ってましたとばかりにメジロの一群が、蜜を吸いにやってきた。

 小さい体で、あっちの花こっちの花と、忙しそうに飛び回っている姿が何ともかわいらしい。


 
 まだ「寒の内」ではあるが、少しずつ春の兆しが見え始めたようで、何となく明るい気分になるものだ。 

 きっと、こんな気分の日に、次の句は詠まれたものなのだろうか?

   「 梅一輪 一輪ほどの 暖かさ 」(服部嵐雪) 

 
 寒がりの自分としては、暖かい春が実に待ち遠しい。


 
posted by よっちゃん at 20:35| Comment(0) | 自然 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする