2019年01月13日

梅の花がほころび始め、明るい気分に…

 今日は、天気が回復して、全く暖房の要らないぽかぽか陽気だった。

 風は冷たい日もあるが、この陽気に、今週は庭の梅の蕾がぽつりぽつりとほころび始めた。



 紅梅と白梅。
DSC01767.JPG DSC01766.JPG

 白梅よりも紅梅の方が後から開き始めたのに、あっという間に、白梅の花の数をしのいで紅梅が次々と花を開かせている。

 おかげで、葉っぱが散って寒々としていた庭が、少しだけ明るくなったようだ。



 すると、待ってましたとばかりにメジロの一群が、蜜を吸いにやってきた。

 小さい体で、あっちの花こっちの花と、忙しそうに飛び回っている姿が何ともかわいらしい。


 
 まだ「寒の内」ではあるが、少しずつ春の兆しが見え始めたようで、何となく明るい気分になるものだ。 

 きっと、こんな気分の日に、次の句は詠まれたものなのだろうか?

   「 梅一輪 一輪ほどの 暖かさ 」(服部嵐雪) 

 
 寒がりの自分としては、暖かい春が実に待ち遠しい。


 
posted by よっちゃん at 20:35| Comment(0) | 自然 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする