2019年01月25日

みんなが元気になった「音むすび」公演会

 今日は、今年二回目の「音むすび」公演会を豊後高田市の呉崎小学校で行ってきた。

 今回は仕事場から割と近かったため、仕事を中抜けさせてもらって、演奏に参加することができた。



 呉崎小学校の音楽室には、下学年(1・2・3年生)30名程が集合して、およそ45分間の公演会が始まった。
DSC01817.JPG


 今回は、ギターとドラムにプロの演奏家も加えて、豪華な公演会である。

 これまで練習してきたのは童謡が中心だったので、ミュージシャンの弾き語りやドラムソロを加えた公演は、ぐんと賑やかで派手な演奏メニューとなった。




 子どもたちは、キラキラとした目で演奏や歌詞の映し出されるスクリーンを見つめ、知ってる歌では「知ってる!」と言って大きな声で一緒に歌ってくれた。

 
 童謡以外でも、プロの手による「ルパン3世のテーマ」や「みんなのうた」で人気の出た吉田山田の「日々」には、子どもたちもしっかりと聞き入っていた。
DSC01829.JPG DSC01826.JPG


 自分が担当したのは、先日から練習したベースギター。
DSC01820.JPG

 音量が適当か、自分ではなかなかつかみづらかったが、何とか合わせることができたようだ。



 全十曲の童謡とプロの演奏の間には、紙芝居や一人一人の自己紹介もはさんで、そうこうしている間に45分間はあっという間に過ぎた。
DSC01824.JPG DSC01825.JPG



 子どもたちのストレートな反応は、とてもうれしいものだ。

 楽しそうな表情や元気な歌声に、演奏しているこちらもたくさんの元気をもらえる。
DSC01833.JPG



 仕事のあるウィークディには、なかなか公演会に参加しづらい点はあるが、機会があればまた参加したい。




 
posted by よっちゃん at 21:21| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする