2019年02月21日

「県内一周大分合同駅伝」の選手の力走はすばらしかったよ!

 今日は、「県内一周大分合同駅伝」(2/18~2/22)の応援を市役所前の桂川沿いで行ってきた。
DSC02035.JPG

 今日のコースは、朝9:00に日田市役所前をスタートして、午前中は耶馬渓を通り中津市役所前まで。午後は安心院支所を再スタートし、院内を通り宇佐市役所を経由して、豊後高田市役所がゴールだ。

 朝、「大分合同新聞」と一緒に応援旗が配られていたので、それを持って16チーム全ての力走を応援してきた。
DSC02037.JPG



 7~8区間を競う間に差がついてしまうのは仕方がないが、日頃練習を積んできた選手たちの走るスピードはやはりみんなすばらしい。
DSC02030.JPG

 とてもきつそうな息遣いでも、全力を尽くして走っている選手たちの姿は感動的である。
DSC02028.JPG

 沿道に並んだ応援する人たちも、自分の市の選手だけでなく、どの選手にも惜しみない声援と拍手を送っていた。



 
 特に沿道近くの小学生や中学生による、旗や応援パネルを持っての声援は、選手たちにも励みになったことだろう。
DSC02029.JPG DSC02020.JPG 

 ゴール近くでは、中学生による吹奏楽演奏や、ゆるキャラが登場しての応援も盛大に行われていた。
DSC02018.JPG




 今日は天気がよくて、選手たちには少し暑いくらいだったかもしれないが、応援する方はぽかぽかの日差しが心地よかった。

 選手たちも、六郷温泉で今日の疲れを十分癒して、最終日の明日は悔いの残らない走りをして欲しいと思う。

 

 明日は、天気がやや崩れそうだが、みんな雨にも負けずガンバレ~!


posted by よっちゃん at 17:25| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年02月19日

ずい分成長していた「CAFEちいばす」さんちの子ヤギたち

 今日は、雨が上がって日が差し、すいぶんと気温もあがってきたので、、久しぶりに夕方散歩に出かけた。


 久しぶりなので、例の「CAFEちいばす」さんちの子ヤギたち(11月14日のブログ掲載)はどうなっただろうと、ヤギたちの飼育スペースへと足を向けてみた。



 すると、いたいた。
子ヤギ.jpg

 ちょうど3ケ月経ったかわいい子ヤギたちが、親ヤギたちに交じってエサを食べていた。

 ヤギたちは、頭数が増えてオスヤギ1頭、メスヤギ2頭、子ヤギが4頭と数も7頭に増えている。



 見ていると、飼育されている方が来られたので、撫でさせてもらったり、一緒にエサやりをさせてもらったりした。


 エサ箱には、ダイコン・ハクサイ・キャベツなどの野菜類をたくさん与えてあった。
IMG_1736.JPG

 エサが動くと食いちぎりにくそうなので、手で持って食べさせてやると、ものすごい勢いでガッツいて来る。


 昼過ぎまでは雨が降っていたため、外に出られずに、エサを食べるのをがまんしていたためらしい。
IMG_1748.JPG

 ヤギは何でも食べると聞いていたが、持ってこられたミカンや木の葉もおいしそうに食べていた。




 木の葉は、近くの山で採ったカシの葉らしいが、草や野菜以外にも木の葉を食べさせることを知って、正直驚いた。
IMG_1726.JPG

 調べてみると、実は木の葉は大好物らしい。そして、竹も食べるそうな。

 特に好きな木の葉は、クリ、カキ、クヌギ、カシ、シイ、ビワ、マテバシイ、アカシヤ、ケヤキ、ヤナギ、ポプラ、ブナ、ナラ、ホオノキ、ブドウ、ノイバラ、ウメ、モモ、サクラ、ナシ、カイドウ、茶、ミカンと、実に幅広い。



 そして、何より大食漢だ。

 エサ箱に入れられているエサも、半端ない量だ。

 それをものすごい勢いで食べていた。

 この調子で食べるのなら、毎日のエサやりはかなり大変だろう。


 
 だから、近くの農家や野菜の加工場から、売り物にならない野菜や野菜くずも貰ってやっているらしい。
IMG_1743.JPG



 それだけでは、冬野菜がなくなる頃には困るので、飼育スペースに隣接する広い畑にも、ヤギ用の牧草の種を播かれたとのこと…。

 「CAFEちいばす」さんで人気の「山羊ミルクジャム」には、陰でこんな苦労がなされたいたんだ~。。

 



 ヤギには上の歯はないらしいから、下の歯と上あごだけで器用に葉や実をむしりとって食べている。


 これまで身近にヤギと接したことがなかったので、ヤギたちが可愛いだけでなく、生態も実に興味深い。




 次は、ウチの野菜くずやあまり野菜を持って行ってあげよう。
 


 
posted by よっちゃん at 20:31| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年02月17日

「西椎谷の滝」の大パノラマは爽快だった

 今日の午後、国道387号線を通っていた折、あまりにも気持ちの良いお天気だったので、玖珠町と安心院町の境にある「西椎谷の滝」に立ち寄ってみた。
DSC01991.JPG


 「西椎谷の滝」が見える展望台は、上の展望台と下の滝つぼの見える展望台と二ケ所あるらしいが、震災の被害で遊歩道の崩落や落石等の危険があるらしく、下の展望台へ続く道は閉鎖されていた。

 ちょうど上と下の展望台の分岐を通った時に、下の展望台から上がって来てた人がいたので、閉鎖してあるロープを超えて行くならば、自己責任でということなのだろう。



 
 上の展望台からの眺望は最高で、落差が86mあることが、滝の水の勢いからよく感じられた。
DSC01983.JPG

 滝の上には、今は「日出生ダム」ができたため、滝の勢いはかなり減退したらしいが、もとは「西日本一」とも言われるほどの豪瀑であったらしい。


 展望台から滝とは反対方向へ目を移すと、そこにもなかなか迫力ある眺望が広がっていた。
DSC01989.JPG

 滝の下側まで見られないのは若干の物足りなさは否めないが、眼下に広がる大パノラマは実に爽快であった。



 また、上の展望台の中ごろには祠があり、中には「弁財天」の像が置かれていた。

 以前は、その祠は「幸せ観音」と呼ばれ、中には「観音様」も安置されていたそうだが、なぜか今は「弁財天」さんだけになっていた。
DSC01990.JPG

 それでもご利益があるようにと願う人があげたものだろうか、千円札が何枚も線香立ての下にはさんであった。




 この「西椎谷の滝」は、安心院町にある「東椎谷の滝」とともに「日本の滝百選」にも選ばれている名瀑で、「福貴野の滝」も合わせると「宇佐の三滝」とも言われているそうだ。



 次回は、もう少し季節の良い時期に、滝つぼに近づける下の展望台にも行ってみたいし、機会があれば「東椎谷の滝」や「福貴野の滝」にも寄ってみたいと思う。
 
 それまでに、遊歩道への進入禁止が解除されていたらいいなあ…



 
posted by よっちゃん at 18:40| Comment(0) | 観光 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする