2019年02月17日

「西椎谷の滝」の大パノラマは爽快だった

 今日の午後、国道387号線を通っていた折、あまりにも気持ちの良いお天気だったので、玖珠町と安心院町の境にある「西椎谷の滝」に立ち寄ってみた。
DSC01991.JPG


 「西椎谷の滝」が見える展望台は、上の展望台と下の滝つぼの見える展望台と二ケ所あるらしいが、震災の被害で遊歩道の崩落や落石等の危険があるらしく、下の展望台へ続く道は閉鎖されていた。

 ちょうど上と下の展望台の分岐を通った時に、下の展望台から上がって来てた人がいたので、閉鎖してあるロープを超えて行くならば、自己責任でということなのだろう。



 
 上の展望台からの眺望は最高で、落差が86mあることが、滝の水の勢いからよく感じられた。
DSC01983.JPG

 滝の上には、今は「日出生ダム」ができたため、滝の勢いはかなり減退したらしいが、もとは「西日本一」とも言われるほどの豪瀑であったらしい。


 展望台から滝とは反対方向へ目を移すと、そこにもなかなか迫力ある眺望が広がっていた。
DSC01989.JPG

 滝の下側まで見られないのは若干の物足りなさは否めないが、眼下に広がる大パノラマは実に爽快であった。



 また、上の展望台の中ごろには祠があり、中には「弁財天」の像が置かれていた。

 以前は、その祠は「幸せ観音」と呼ばれ、中には「観音様」も安置されていたそうだが、なぜか今は「弁財天」さんだけになっていた。
DSC01990.JPG

 それでもご利益があるようにと願う人があげたものだろうか、千円札が何枚も線香立ての下にはさんであった。




 この「西椎谷の滝」は、安心院町にある「東椎谷の滝」とともに「日本の滝百選」にも選ばれている名瀑で、「福貴野の滝」も合わせると「宇佐の三滝」とも言われているそうだ。



 次回は、もう少し季節の良い時期に、滝つぼに近づける下の展望台にも行ってみたいし、機会があれば「東椎谷の滝」や「福貴野の滝」にも寄ってみたいと思う。
 
 それまでに、遊歩道への進入禁止が解除されていたらいいなあ…



 
posted by よっちゃん at 18:40| Comment(0) | 観光 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする