2019年02月19日

ずい分成長していた「CAFEちいばす」さんちの子ヤギたち

 今日は、雨が上がって日が差し、すいぶんと気温もあがってきたので、、久しぶりに夕方散歩に出かけた。


 久しぶりなので、例の「CAFEちいばす」さんちの子ヤギたち(11月14日のブログ掲載)はどうなっただろうと、ヤギたちの飼育スペースへと足を向けてみた。



 すると、いたいた。
子ヤギ.jpg

 ちょうど3ケ月経ったかわいい子ヤギたちが、親ヤギたちに交じってエサを食べていた。

 ヤギたちは、頭数が増えてオスヤギ1頭、メスヤギ2頭、子ヤギが4頭と数も7頭に増えている。



 見ていると、飼育されている方が来られたので、撫でさせてもらったり、一緒にエサやりをさせてもらったりした。


 エサ箱には、ダイコン・ハクサイ・キャベツなどの野菜類をたくさん与えてあった。
IMG_1736.JPG

 エサが動くと食いちぎりにくそうなので、手で持って食べさせてやると、ものすごい勢いでガッツいて来る。


 昼過ぎまでは雨が降っていたため、外に出られずに、エサを食べるのをがまんしていたためらしい。
IMG_1748.JPG

 ヤギは何でも食べると聞いていたが、持ってこられたミカンや木の葉もおいしそうに食べていた。




 木の葉は、近くの山で採ったカシの葉らしいが、草や野菜以外にも木の葉を食べさせることを知って、正直驚いた。
IMG_1726.JPG

 調べてみると、実は木の葉は大好物らしい。そして、竹も食べるそうな。

 特に好きな木の葉は、クリ、カキ、クヌギ、カシ、シイ、ビワ、マテバシイ、アカシヤ、ケヤキ、ヤナギ、ポプラ、ブナ、ナラ、ホオノキ、ブドウ、ノイバラ、ウメ、モモ、サクラ、ナシ、カイドウ、茶、ミカンと、実に幅広い。



 そして、何より大食漢だ。

 エサ箱に入れられているエサも、半端ない量だ。

 それをものすごい勢いで食べていた。

 この調子で食べるのなら、毎日のエサやりはかなり大変だろう。


 
 だから、近くの農家や野菜の加工場から、売り物にならない野菜や野菜くずも貰ってやっているらしい。
IMG_1743.JPG



 それだけでは、冬野菜がなくなる頃には困るので、飼育スペースに隣接する広い畑にも、ヤギ用の牧草の種を播かれたとのこと…。

 「CAFEちいばす」さんで人気の「山羊ミルクジャム」には、陰でこんな苦労がなされたいたんだ~。。

 



 ヤギには上の歯はないらしいから、下の歯と上あごだけで器用に葉や実をむしりとって食べている。


 これまで身近にヤギと接したことがなかったので、ヤギたちが可愛いだけでなく、生態も実に興味深い。




 次は、ウチの野菜くずやあまり野菜を持って行ってあげよう。
 


 
posted by よっちゃん at 20:31| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする