2019年03月31日

「長崎鼻」の2200万本の菜の花は圧巻だ!

 昼から天気が回復してきたので、「菜の花フェスタ(3/16~4/14)」が開催されている「花とアートの岬・長崎鼻」へ出かけて来た。
DSC02449.JPG
 
 今日は風が強くて海が荒れ模様だったため、黄色の菜の花が青い海に映えるまでには至らなかったが、それでも辺り一面菜の花でいっぱいという風景は実に圧巻だった。
DSC02432.JPG

 ネットでイベント情報のページを見ると、何と2200万本もの菜の花が咲いているそうで、これは九州最大級ということだ。
DSC02429.JPG

 ぐるっと見渡すと、遠く海水浴場の上の方まで、段々畑に植えられた菜の花も見られた。
DSC02447.JPG

 菜の花畑の周りにはサクラの木も多いのだが、まだまだつぼみの段階で、これが満開になったら、サクラと菜の花に満ちた風景はさぞやきれいだろうと思えた。
DSC02439.JPG





 
 長崎鼻からの帰り道、道端の畑にも菜の花が植えてあるところがあった。
DSC02354.JPG

 昔は「菜の花油」を搾る目的で植えてある畑も多かったようだが、今ではすっかり見られなくなってしまった。

 長崎鼻の菜の花も、「オイルラボ」という施設で製品に加工しており、あちこちのお土産屋さんでも販売されている。

 そのオイルラボでは、ドレッシングにしたりハンドクリームにしたりという加工体験もできるようだ。



 

 菜の花は、下から順々に咲くので、まだまだ先の方には今から咲く蕾がついていた。

 もうしばらくは、一面菜の花の状態は続くようなので、まだの人は一度ご覧になってはいかが?。



posted by よっちゃん at 17:44| Comment(0) | 観光 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年03月30日

豊後高田市昭和の町商店街の「ゆうどき市」で春らしい曲を演奏

 今宵、2ケ月ぶりの「豊後高田市昭和の町商店街」で行われた「ゆうどき市」で、「音むすび」の仲間と演奏会を行って来た。

 場所は、「伯剌西爾珈琲舎」さんの軒下をお借りした形で、ストリートに向かっての演奏だ。
DSC02419.JPG

 演奏をしていると、足を止めて音楽に耳を傾けてくれるお客さんも少なくない。

 音楽で「ゆうどき市」を盛り上げようということで、我々以外にもあと2組のバンドさんが、違う場所で演奏会を行っていた。




 今回の我々の演奏会のテーマは「春」。

 春に因んだ歌は、雰囲気のあるきれいなメロディの曲が多い。

 その中から「早春賦」「朧月夜」「花」「さくらさくら」等、前半は今の時期にぴったりの曲を歌い演奏した。
DSC02416.JPG



 前半が終わると、道行くお客さんも巻き込んでの「ももたろう」の劇も行った。

 いきなりなので、手には台本を持ち、頭には役の顔の絵をかぶっての劇だが、そのいきなりさがなかなか新鮮で面白かった。
DSC02425.JPG


 
 劇が終わって後半は、昭和を代表する歌手・坂本九ちゃんの「上を向いて歩こう」「見上げてごらん夜の星を」や「ふるさと」などの懐かしい曲を歌い演奏した。
DSC02417.JPG



 
 昭和を懐かしむついでに、アコギ担当の二人で、昭和の代表的なフォークソング「22才の別れ」の弾き語りもさせてもらった。

 数日前から体調(のどの調子)がすぐれず、声が出るか心配だったが、何とか歌い終えることができてほっとした。

 歌い始めると、仲間やお客さんが手拍子をして助けてくれたので、とてもありがたかった。

 歌い終わると、「一曲で終わり?」と言ってもらったので、次は何曲かできるように準備して(体調も整えて)来よう。




 
 今回の「ゆうどき市」は、いつもの「1コイン・1札セール」以外にも、「大輪投げ大会」や「音楽祭」なども企画されていたためか、いつも以上の人出であった。

 商店街を盛り上げようと、「昭和仮面」さんをはじめたくさんの人が楽しみごとを準備している「ゆうどき市」なので、ぜひ一度遊びに来てみて欲しい。



posted by よっちゃん at 22:11| Comment(0) | 観光 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年03月23日

サクラが咲いて一気に華やいだ

 全国各地でサクラの開花が次々と宣言されるようになってきた。

 少し前からウチの周りでも、いろいろな種類のサクラが咲き始め、リビングの前のサクラが今満開だ。
DSC02328.JPG

 何という名前のサクラだろうか?

 ソメイヨシノよりもずっとピンクで、花弁もやや大きいので、たくさんの花が集まってとてもきれいだ。




 少し前は、カンヒ(寒緋)ザクラが、さらに濃いピンク色で、釣り鐘状の花が下向きに咲く様子がきれいだった。
DSC02325.JPG 

 しかし、こちらの花はそろそろ終わりで、葉が出てき始めた。


 
 ウチの横を流れる川べりにあるこちらのサクラも、今が盛りだ。
DSC02332.JPG




 このサクラたちのおかげで、寂しかったウチの周りの景色も一気に華やいだ。

 咲いた先から二週間足らずで散っていくのは寂しい気もするが、儚い花の命もまたサクラの魅力の一つなのだろう。
 


 
 天気が良くなったら、「粟嶋公園」などのサクラの名所に行ってみよう。

 
posted by よっちゃん at 12:48| Comment(0) | 自然 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする