2019年04月27日

豊後高田市商店街の「ゆうどき市」で演奏活動してきた

 今日は、月に一度の豊後高田商店街の「ゆうどき市」の日。
DSC02647.JPG

 先月末以来、1か月ぶりに「音むすび」の活動に参加した。


 少し早めに着いたので、商店街をぶらついてみると、若干肌寒かったがけっこうな人出で、特に輪投げ屋さんや食べ物屋さん等の出店にお客さんが群がっていた。
DSC02637.JPG

 連なる商店の軒先には、近在の小学生や保育園生が、昭和の日がらみのゴールデンウィークを盛り上げるために作成した「ミニこいのぼり」もたくさんはためいていた。
DSC02646.JPG DSC02645.JPG



 今回は、5月も近いので、童謡は「赤とんぼ」「夕焼け小焼け」「霞か雲か」「茶摘み」「鯉のぼり」などの季節感ただようものと、ちょっと高尚な感じの「星の界(よ)」「モーツァルトの子守唄」「椰子の実」などを交え、さらに昔の「バラが咲いた」やまだまだ旬の「U.S.A」まで加えて演奏を行った。
DSC02649.JPG


 途中、箸休めに自分らギターチームにハーモニカを加え、前回反響のあったフォークソングを再び披露させてもらった。
DSC02660.JPG

 本当は、「神田川」と「岬めぐり」の2曲をやる予定が、どういうわけか3曲披露することになって、ぶっつけなりの出来栄えだったが、何とか弾き語りの最後まで行きついた。

 今回も、手拍子をして盛り上げてくれるお客さん(一部身内)たちに本当に感謝だ。


 
 また、いつものように、「月波や」の金谷さんが、童謡・唱歌とともに披露しているオリジナルの「紙芝居」も、道行くお客さんたちに披露していった。

 月波屋さんのいろいろな声色を使った紙芝居パフォーマンスは、何度見ても楽しい。
DSC02666.JPG



 今回、演奏のために軒先と一部店内をお借りしている「伯剌西爾珈琲舎」さんが、ご厚意で道の向かい側に椅子をたくさん出して下さった。

 そのため、お客さんもじっくりと腰を落ち着けて、音楽や紙芝居を見たり聴いたりすることができたようだった。


 
 6時半ごろから約1時間ほど、みんなで力を合わせて音楽を奏で、お客さんと一体となって音楽を楽しむことができた。
DSC02652.JPG

 今月もまた、好きな音楽に親しみ、実に幸せな時間を過ごすことができた。
 



 
posted by よっちゃん at 22:22| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする