2019年06月30日

小倉ー宇佐間はJRで行くと意外と近いぞ!

 所用で小倉に行ってきた。

 初めて乗るJRの特急列車「ソニック」の車内はとてもきれいで、とても快適だった。
DSC03013.JPG DSC03012.JPG DSC03010.JPG

 所要時間は、小倉ー宇佐間がわずか45分程度で、1時間かからない。


 豊後高田から宇佐駅までは15分かかるかかからないか…。
DSC03016.JPG

 我が家からでも、乗り換え時間を入れても1時間半かからずに小倉まで出られるのは、何とも魅力だ。

 特急券まで入れると、乗車賃はある程度するが、この程度なら小倉は十分活動圏内だ。
DSC02999.JPG
 
 
 
 帰って来る時、宇佐駅が近づくにつれて、車窓に広がるのは驚くくらい向こうまで続く青田の海。
DSC03009.JPG

 これだけの広さの平野があれば、そりゃ宇佐神宮は栄え、三和酒類さんは「下町のナポレオン」と呼ばれている「いいちこ」などを次々と製造できただろう、と思わせてくれるくらいの広大さであった。


 たまには、列車に乗っていろいろな所を見てくるのも、いいものだ。


 
posted by よっちゃん at 23:03| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年06月28日

豊後高田の商店街でロケをした映画「ナミヤ雑貨店の奇蹟」

 今晩9時から、日本テレビ系列「FBS福岡放送」で、2017年公開の映画「ナミヤ雑貨店の奇蹟」が放送される。
ナミヤ雑貨店の奇跡.jpg

 この映画のロケ地として、豊後高田市内の商店街をはじめ、各所が使われたらしい。

 それで、しばらく前から市のホームページでも、しきりとこの映画の放送をPRしていた。

 そして、また先ほどは、市のケーブルネットワークの告知端末からも、この映画のPR放送が流れてきていた。


 
 豊後高田の商店街は、「昭和の町」感あふれる風情が保たれている(それで売り出している)ので、昔の雰囲気を思わせるロケ地としてぴったりだったのだろう。
DSC00333.JPG DSC02647.JPG

 ロケの様子を生で見た人によると、主演のジャニーズの男の子(山田涼介)らを目当てに押し寄せた観光客がすごい数だったと言っていた。

 
 その時使われたセットは、今でも「昭和の町」の商店街に残されていて、時折その前で記念撮影している観光客などを見かける。
DSC00330.JPG



 自分は、山下達郎の作った映画主題歌「REBORN」と、それを映画の中で「門脇麦」が歌うシーンが気になっていたので、この機会にぜひ見てみようと思う。



 
posted by よっちゃん at 20:41| Comment(0) | 観光 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年06月26日

活魚料理店「山田屋」で新鮮な魚に舌鼓

 今日は、おいしい魚が食べたくなって、豊後高田の臼野にある活魚料理の店「山田屋」に初めて行ってみた。

 ここは、以前臼野に住んでいた人に「美味しいよ」と紹介されていたお店だ。



 お店は、国道213号線ぞいの海側に幟旗が数本立っていたのですぐに分かった。
DSC02946.JPG

 のれんをくぐってお店に入ると、すぐ右側にカレイやオコゼがたくさん入れてある生簀や、タイなどが泳ぎ回っている水槽があった。
DSC02948.JPG

 生簀から魚をあげていた大将に聞くと、全部国東周辺で獲れる魚介類ばかりだという。

 端のカゴの中には、大きなワタリガニ(岬ガザミとも言うようだ)も入っていた。




 「寿司定食」と「煮付け(メバル)定食」を頼んだが、どちらにもちゃんとした「刺身」を盛った皿がついてきた。
DSC02952.JPGお寿司
DSC02951.JPG煮付け

DSC02949.JPG刺身

 さらに「寿司定食」には、「天婦羅」に「煮付け(カレイ)」までついているという豪華さだった。
DSC02950.JPG

 先ほどまで生簀に入っていたらしい魚はとても新鮮で、刺身以外の調理された魚介類も同じようにとてもおいしかった。



 
 この豪華さで、定食が1940円(内税込み)とは、お得感ありありだ。

 活造りのコース料理は、段階にあわせてそれなりの値段になっていくが、昼定食も1000円以内でやはり安い。
DSC02956.JPG
 
 DSC02954.JPG DSC02955.JPG
 


 
 支払いをする時、レジ上の昔の看板を見るとボロボロで、それなりの歴史が感じられた。

 2代目だという大将も、中居さんも明るく気さくな人だったので、長く続いている理由が安くて美味しいだけではないことも十分伺えるお店だった。



 新鮮な魚料理の数々に十分お腹も満足して、お店をあとにした。



 
 場所は、国道213号線沿いの臼野地区。

 〇住所 豊後高田市臼野3558-1
 〇電話 (0978)53-4213

 

 
posted by よっちゃん at 22:34| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする