2019年07月24日

豊後高田に伊藤博文が暮らしていた・第2弾

 宇佐市橋津にある元造り酒屋を営んでいたM邸で、伊藤博文直筆の書を見せていただき、伝え聞いている伊藤博文の逸話等を伺ってから、自分なりに豊後高田での伊藤博文の消息を調べてみた。


 すると、昭和43年に発行された『豊後高田市明治百年』という本に、豊後高田での伊藤博文の記事を見つけた。
DSC03092.JPG DSC03091.JPG
 

 それによると、やはり伊藤博文は豊後高田の富豪九人のうちの一人である酒造業を営む「芥屋長左衛門」方で「酒の倉子」として三年間働いていたという話だ。

 語ったのは長左衛門の孫で、その時「伊藤博文は、読み書きが好きで、習字紙3〆を一度に買っていた」ということも同時に語られたようである。
DSC03111.JPG DSC03112.JPG


 
 この記事は、一昨日M氏に聞いた話としっかり合致する。

 
 自分の周りの地の人たちにこの話をしてみたが、みんな初耳だという。

 この話があまり知られていないのは、山口出身の伊藤博文がどういういきさつで、この海を隔てた国東半島に来たのかなどの謎が多すぎるせいかもしれない。


 
 

 この本の他の項を見ると、豊後高田はたくさんの船が寄港する有数の港であった記述も見られるので、廻船などを通じた海上交通が関係しているのかもしれない。
 
 地図で見ると、伊藤博文の出身地である山口県光市と国東半島は、周防灘を挟んで50km程の近さである。

 


 この話題を追いかけてみるのは、けっこう楽しそうだ。

 この話題に関する話をご存知の方がいらっしゃったら、情報をいただけるとうれしい。



 
posted by よっちゃん at 21:07| Comment(0) | 伝統文化 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする