2019年08月18日

時間が経つのも忘れるほど楽しかった「科学の祭典」

 今日は朝から国東市の「アストくにさき(くにさき総合文化センター)」で行われた「科学の祭典」に行って来た。
DSC03439.JPG DSC03542.JPG

 この催しは、科学館のない大分県にあって、子どもたちに科学の面白さや感動を伝えようと、20年前から県内を持ち回りで行われているらしい。



 年に一回の県をあげての催しだけあって、全部で48のブースが設けられ、どのブースにも子どもたちが嬉々として参加していた。
DSC03488.JPG DSC03480.JPG DSC03475.JPG DSC03476.JPG DSC03462.JPG DSC03452.JPG DSC03450.JPG DSC03443.JPG DSC03442.JPG DSC03441.JPG DSC03492.JPG DSC03487.JPG 



 まだ3歳にも満たないような幼児も、「木のおもちゃコーナー」で何回も何回も気がすむまで、玉落としを繰り返していた姿がとても可愛らしかった。
DSC03521.JPG 

 こういったん興味や探求心が、「科学」を愛する心につながっていくんだろうなと思わすにはいられない光景であった。
 



 出展数が多いため、全部を体験することは叶わなかったが、自分も昼食時間になっているのも忘れて次から次へとブースを渡り歩いた。
 
 どこのブースでも、実に懇切丁寧に教えてくれたり、説明を加えてくれたりした。




 この祭典で一番興味のあった「アーチ型石橋の仕組み」のブースでは、出展されていた方にいろいろとお話を伺い、展示してなかった品まで見せていただくことができたので、大変勉強になった。
DSC03469.JPG DSC03527.JPG

 他にも、興味深い「科学実験」や、簡単にできそうな「ものづくり」などがたくさんあって、大変参考になった。

 主は子どもたちなので、大人が体験できない(数に限りがあるもの等)ものもあったが、ほとんどはさせてもらうことができ、持ち帰って来たものもかなりの点数だった。
DSC03532.JPG





 参加していた子どもも大人も、みんな目をキラキラさせて見たりしたりしていた姿が大変印象的な「科学の祭典」であった。



 ほとんど手弁当で、この会を成立させるために尽力された皆さん、本当にありがとうございました。

 おかげで、とても楽しく有意義な一日を過ごすことができました。
posted by よっちゃん at 20:15| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする