2019年09月01日

雨で濡れた体を「海門温泉」で温めて帰った

 今日は、早朝よりソフトボール大会に駆り出されて、真玉中学校のグラウンドに出向いた。


 話では、最後まで秘密の「ヒミツ兵器」だったはずが、不参加が一名出て、マウンドに上がることに…

 久しぶりに握るボールは手につかず、次第に引きつった笑いが…



 ところが、案の定途中から雨が降り出し雨天コールド。大会は中止に…

 
 弁当をもらって早々と解散となったため、冷えた体を温めようと「海門温泉」に立ち寄ることにした。
IMG_7204.JPG


 
 温泉の入り口まで行くと、土・日・祝日は11:00からの営業なので、少し早かった。

 車の中でどうしようかと迷っていると、管理人さんが出てきて手で〇を作り、「もういいですよ」と言ってくれた。

 何とも親切で、気さくに話しかけて下さる管理人さんだ。

 管理人さんご夫婦も移住者だと知っていた(移住テレビで紹介されたことがある)ので、移住関連の話を少しして、いざ風呂場へ。




 急いで雨で濡れた衣類を脱ぎ、湯船に飛び込む。

 そう広くない湯舟には、ややぬる目で赤褐色のお湯が満たされていた。
IMG_7205.JPG

 壁の「成分分析表」を見てみると、鉄分を含む「塩化物泉」と書いてある。
IMG_7208.JPG

 この赤茶色の元は、やはり酸化鉄等の色なのだ。

 湯口からその赤褐色のお湯が次々と注ぎこんでいるので、少し舐めてみると、けっこうなしょっぱさだった。

 

 すぐ横が海なので、しょっぱい温泉というのも頷ける。

 名前も「海門温泉」だし…





 さらに、効能書きを読んでみると、この「塩湯」は筋肉痛や疲労回復にも効くとある。

 久しぶりに何十球も投げたので、やや張ってきていた腰の筋肉にも良さそうだ。


 



 少し早く入ったため、浴槽は貸し切りだった。
 
 仰向けに「大の字」になって、しばらくお湯につかっていると、体がかなりあったまった。



 体を洗い、またしばらく「塩湯」を堪能した後、風呂を出る。

 「塩湯」だが、湯上りの体がべとつくことはなく、むしろサラッとして、実に気持ちの良い温泉だ。

 大きな広間が休憩所となっているので、そこでほてった体を冷ますことにした。
IMG_7209.JPG



 温泉で十分あったまったため、体はなかなか冷めない。

 「塩湯」の保温効果は、侮れない。

 シャツ1枚でいても、汗がなかなか引かないので、もらっていた弁当を休憩がてらそこで食べることにした。


 
 
 しばらくして汗も引き、お腹も満たされたので、引き上げることにする。

 
 体に効きそうな温泉と、管理人さんたちの人柄に癒されて、満足して帰って来た。




 日曜日の今日は、11:00~20:00の営業だが、平日の営業は14:00~20:00。

 休みは、第2・4木曜日で、祝日は営業するらしい。


 豊後高田市市街地から国道213号線を北上し、車で約10分。

 右側に見えてくる「豊後高田市役所真玉庁舎」を過ぎて、「真玉トンネル」の手前にあるすぐの信号を左折。
IMG_7213.JPG

 狭い路地を道なりに行くと、左に「海門温泉」、右に駐車場が見えてくる。
IMG_7211.JPG




 やや引っ込んだ所にあって、こじんまりとした温泉だが、ここも隠れた名湯の一つだろう。


 
 
ラベル:温泉
posted by よっちゃん at 17:09| Comment(0) | 観光 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする