2019年10月19日

「〇〇〇〇ころりん」の実験教室は大好評!

 今日の午前中は、自分が居住する豊後高田市内の小学校で、市が行う塾のお手伝いをしてきた。


 時々、この「学びの21世紀塾 寺子屋講座」と銘打たれた塾でお手伝いさせてもらっているが、なんとこの塾は「教育の町」を謳う豊後高田市の目玉の一つであるため、月2回土曜日の午前中に3時間行われている塾の料金もテキスト代も全て無料である。
DSC03687.JPG


 その今日の塾で、1時間目「算数」、2時間目「国語」のあと、3時間目の「理科」で行った講座は「〇〇〇〇ころりん」という科学実験教室。
DSC03696.JPG

 高学年の子どもたち12名を相手に、いろいろなものを転がしては「科学の法則」をつかむ実験を一緒に楽しんで来た。
DSC03692.JPG

 塾ではいつも決まったテキストを各自で取り組み、解いては講師の先生に丸をつけてもらうスタイルなのだが、今日はいつもと勝手が違う体験型の講座なのではじめは少しとまどったようだったが、すぐに慣れてリラックスした感じで講座を楽しんでくれた。

 講座の「楽しさ度」を5段階で評価してもらったところ、12名中1名が4点をつけていただけで、あとの11名はみんな5点以上をつけていた。



 最後に書いてもらった感想を読むと、その楽く学べたことがよく表れていた。

 《感想》
 ◆理科実験教室がとても楽しかった理由は、知らなったことが楽しくしれたからです。
 ◆今日、理科の勉強をしてとても楽しかったです。楽しかったところは、問題が当たった時です。固体と液体では、液体の方が速いということを覚えておきたいです。
 ◆「〇〇〇〇ころりん」はとても楽しかったです。なぜかというと、知りたかった「物を転がす実験」ができたからです。
 ◆最初、大きさか?周りの長さか?と思っていて、実験をしたら、固体か液体かで速さが決まることが分かってよかった。
 ◆とてもとてもとても楽しかったから15点。固体と液体の転がりやすさのちがいが分かりやすかった。
 ◆新しい発見ができて、とてもよかった。今回の実験がとても楽しかった理由は、いろんなものを使ってどうなるかなど、頭を使いながら楽しむことができたからです。
 ◆私は転がる速さが大きさや量のちがいで変わるのかと思っていたけど、中身の固体と液体で違うんだと分かりました。今日、学習してとても楽しかったです。私は、実験をして知識が深まると、楽しくなったりうれしくなったりするからです。ありがとうございました。


 好評だったので、機会があればまたこのような講座を実施したいと思う。



posted by よっちゃん at 14:46| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする