2019年10月26日

春日神社「秋季大祭」で歌ってきた

 今日は、豊後高田市草地にある「春日神社」の「秋季大祭神幸祭おくだり」に行ってきた。
DSC03793.JPG

 今宵は、神輿が春日神社から「御旅所」に下って一泊するため、夕方から露店が出たり、カラオケ大会が催されたりと賑わい行事が行われる。
DSC03795.JPG DSC03799.JPG


 いつもは人気もなく殺風景な「御旅所」も、今宵ばかりは煌々と灯りが点いて、スピーカーからはカラオケの音楽が流され、なかなかの賑わいだ。

 露天からは、地鶏焼きや豚バラの串焼きの美味しそうな匂いも漂ってくる。

 子どもたちは次々と輪投げや金魚すくいを周っては、遊びに興じている。
DSC03796.JPG DSC03798.JPG


 お誘いがあったため、自分も10名ほどのかわいいパフォーマーさんをお供に1曲歌ってきた。

 曲はもちろん、今子どもたちに大人気の「パプリカ」。

 ノリノリで歌い踊る子どもたちは、とても可愛いらしい。
カラオケ3.jpg カラオケ4.jpg

 お客さんも、子どもたちの熱演を楽しんでくれたようで、歌い終わるとなんと「お花代」や「お菓子の詰め合わせ袋」を手渡していただいた。

 届けていただいたAさん、どうもありがとう。




 参加賞として、豊後高田市の「ふるさと納税」の返礼品にも採用されている「マルイ醤油 豊の雫」をいただいて帰って来た。

 
 勿論、露店で焼き立ての「豚バラ串焼き」を買うのも忘れなかった。




 明日は、「戦没者慰霊祭」や「奉納子供ずもう」などの後、神輿の「おのぼり」がとり行われるらしい。

 
posted by よっちゃん at 21:31| Comment(0) | 伝統文化 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする