2019年11月14日

やっぱり天然もののタイはおいしい!

 昨日、釣りによく行かれるSさんから釣りたてのタイを2匹もいただいた。
DSC03858.JPG

 国東半島の北、周防灘と伊予灘の間に浮かぶ姫島の近くまで行って釣ってこられたとのこと。


 
 大潮に近かったためなのか、なかなかの釣果だったらしい。

 ブリやタイが2つのクーラーボックス一杯になっていた。


 
 さっそく、刺身とアラ炊きにしていただいた。

 適当な包丁がないため、刺身の身がきれいに並ぶようにはできなかったが、身は甘みがあってこりこりとしてとてもおいしかった。
DSC03860.JPG

 天然ものは養殖よりアブラののりで劣るということだったが、どうしてやはり天然ものの味には敵わないと感じた。


 
 アラ炊きは、やはりタイだけにいい味が出ていた。
DSC03859.JPG

 タイは残すところなく調理出来て食べられるからいい。



 
 タイは、晩秋から春にかけておいしくなるらしい。

 今度は、自分でも釣って食べてみたいものだ。 


 
 
posted by よっちゃん at 20:27| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年11月09日

深まる秋に「音むすび」で活動してきた

 今日は、市内の退職公務員さんたちの集会に呼ばれて「音むすび」の活動をしてきた。
DSC03832.JPG


 演奏した曲は、深まる秋らしい曲をと「里の秋」「もみじ」に加えて「また君に恋してる」

 楽器の構成は、フルート・ハーモニカ・ギター2本にカホン。それにボーカル。
DSC03825.JPG




 「里の秋」「もみじ」はみんなで一緒に歌おうと、歌入りで…。

 「また君に恋してる」は、時間の関係で2番を省略したショートバージョンで歌無し。
DSC03831.JPG

 われらの前後にも大正琴やお謡いに腹話術から手品と、もりだくさんのステージなので出演時間は短かった。

 しかし、皆さんが一緒に歌ったり聞き入ったり、それぞれの楽しみ方で過ごしてくれたようでよかった。




 
posted by よっちゃん at 19:06| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年11月04日

友だちと人気の蕎麦店「ゑつ」さんで舌鼓

 昨日は、遠方から訪ねて来た友だちを案内して、「昭和の町」へ。

 「おもちゃ博物館」に入り、ロマン蔵を抜けて商店街へ。


 その後ボンネットバスに乗って、市街地を周遊。


 お昼を回ったので、玉津商店街の奥にあるお蕎麦屋「ゑつ」さんへ。
DSC03819.JPG

 「昭和の町」の中心からは少し外れた奥まった所にあるが、なかなかの人気店らしく次から次にお客さんが訪れていた。


 しかしながら、席数が多くないため「30分待ちです」と言われ、断念する人たちも…。
DSC03817.JPG

 われわれは、少し待ってから店内へ。


 頼んだのは、「せいろそば」と「とろろそば」。
DSC03813.JPG DSC03814.JPG

 豊後高田は、温暖な気候を利用して春・秋の2回そばが栽培できるため、近年蕎麦処としての知名度も上昇中。

 さらに「挽きたて、打ちたて、茹でたて」の3たてを守る店に「認定店」の肩書を付与して、その品質保持に努めている。

 
 
 そのため、この「ゑつ」さんで提供される蕎麦も、蕎麦そのものの風味をしっかりと味わうことができ、友だちも十分満足してくれた。

 
 連休で特にお客が多かったためだろうか?

 帰る際にも、店主は入り口横でひたすら蕎麦をうっていた。
DSC03815.JPG

 蕎麦の専門店らしく、メニューは多くはないが、おいしい蕎麦店として「ゑつ」さんはお勧めだ。
DSC03810.JPG DSC03812.JPG



 古い物や古い佇まいが好きな友は、大小様々なカメラを駆使して、随所で気になるシーンをしきりにカメラに収めていた。

 昔ながらの物や、昔を思わせる商店街を一緒に見て回り、すっかり「昭和」と「蕎麦」を堪能した一日であった。

 
 
posted by よっちゃん at 14:47| Comment(0) | 観光 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする