2019年11月04日

友だちと人気の蕎麦店「ゑつ」さんで舌鼓

 昨日は、遠方から訪ねて来た友だちを案内して、「昭和の町」へ。

 「おもちゃ博物館」に入り、ロマン蔵を抜けて商店街へ。


 その後ボンネットバスに乗って、市街地を周遊。


 お昼を回ったので、玉津商店街の奥にあるお蕎麦屋「ゑつ」さんへ。
DSC03819.JPG

 「昭和の町」の中心からは少し外れた奥まった所にあるが、なかなかの人気店らしく次から次にお客さんが訪れていた。


 しかしながら、席数が多くないため「30分待ちです」と言われ、断念する人たちも…。
DSC03817.JPG

 われわれは、少し待ってから店内へ。


 頼んだのは、「せいろそば」と「とろろそば」。
DSC03813.JPG DSC03814.JPG

 豊後高田は、温暖な気候を利用して春・秋の2回そばが栽培できるため、近年蕎麦処としての知名度も上昇中。

 さらに「挽きたて、打ちたて、茹でたて」の3たてを守る店に「認定店」の肩書を付与して、その品質保持に努めている。

 
 
 そのため、この「ゑつ」さんで提供される蕎麦も、蕎麦そのものの風味をしっかりと味わうことができ、友だちも十分満足してくれた。

 
 連休で特にお客が多かったためだろうか?

 帰る際にも、店主は入り口横でひたすら蕎麦をうっていた。
DSC03815.JPG

 蕎麦の専門店らしく、メニューは多くはないが、おいしい蕎麦店として「ゑつ」さんはお勧めだ。
DSC03810.JPG DSC03812.JPG



 古い物や古い佇まいが好きな友は、大小様々なカメラを駆使して、随所で気になるシーンをしきりにカメラに収めていた。

 昔ながらの物や、昔を思わせる商店街を一緒に見て回り、すっかり「昭和」と「蕎麦」を堪能した一日であった。

 
 
posted by よっちゃん at 14:47| Comment(0) | 観光 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする