2019年12月23日

昨日は冬至~ユズ湯を楽しむ

 昨日は、冬至。

 この時期、ユズをお風呂に入れて入ると万病を防ぐというので、昨日のコンサート会場でもらってきたユズをお風呂に入れてみた。
DSC04101.JPG

 そのお風呂に肩までつかると、顔の近くにあるユズの香りがよく香り、心なしかお湯が柔らかくなったように感じる。



 調べてみると、血行を良くして、風邪の予防や神経痛などにも効果があるらしい。

 皮にもビタミンCをたくさん含み、ひびやあかぎれにも効くらしい。


 しかし、それだけでなくユズの香りに包まれて、ゆっくりとお湯につかることによるリラックス効果も多分にあるのだろう。




 ユズがたくさん採れるこの地ならではのささやかな贅沢だ。

 分けてくれた方に感謝しながら、いつもより長くお風呂を楽しんだ。



 「柚子湯して 柚子とあそべる 独りかな」(及川貞)


 
 
posted by よっちゃん at 22:12| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年12月22日

みんなで楽しんだ豊後高田市民図書館の「クリスマスコンサート」

 今宵は、豊後高田市民図書館で行われた「クリスマスコンサート」に出演してきた。
クリスマスコンサートちらし.jpg


 今回新たにクリスマス用の曲(けっこう難しい)を入れた上に、曲数は10曲を超えていたので、練習もけっこう大変だった。

 さらには、メンバー5人がそろって練習できたのもわずかで、それでも本番直前まで集まって最後の練習・調整をして、本番にのぞんだ。



 
 開始は、図書館の閉館後5:30からだったので、少し早めに行って準備を始めた。


 そうこうしているうちに、お客さんが集まり始め、最終的には会場となったロビーには全部で40人程が入っていただろう。



 館長さんの挨拶の後、いよいよコンサートの開始。
DSC04099.JPG

 途中10分間の休憩をはさんで、前半と後半の2部制。



 クリスマスの曲以外には、往年の名曲「月がとって青いから」「蘇州夜曲」「みあげてごらん夜の星を」などもレパートリーに入っており、歌詞をスクリーンに映しながら、会場のみなさんにも歌ってもらうコーナーもあった。

 自分は、今回サイドギター担当だったが、みんなをリードして歌を歌うという重要な役目も受け持っていた。
DSC04100.JPG

 けっこう高音の曲や、曲調の速い曲が多かったが、大きなミスもなく何とか歌い終えることができた。



 また、曲の途中では2本の読み聞かせもプログラムに入れてあり、音楽以外の趣向にもお客さんは楽しんでくれたようだった。

 実際読み聞かせはとてもうまく、即興で奏でるドラム・フルート・ウッドベースの効果音ともよく合っていた。




 自分だけでなく、それぞれが最高のパフォーマンスを披露するべく頑張ったと思う。

 お客さんの拍手や表情から、演奏や歌をしっかりと楽しんで下さったことが多少なりとも伺い知ることができた。



 
 
 ほぼ満席の会場には、昨年と同じように後ろに飲み物やおつまみが置かれ、それぞれ自分で勝手に食べ物・飲み物(さすがにワインはノンアルであったが)をとってきて食べられるようになっていた。

 音楽を楽しみながら、飲んだり食べたりできる趣向(しかも無料)は、図書館のイベントとしては異例かもしれない。



 

 
 今回は、けっこうな長丁場であったが、一緒に演奏してくれた仲間と、会場いっぱいに集まってくださったお客さんのおかげで、とても楽しい時間を過ごすことができた。

 やっぱり音楽はいい!!

 音楽でつながる仲間もホントにいいなと思えたクリスマスコンサートだった。


 

 
posted by よっちゃん at 22:18| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年12月21日

寒い中花開をつける寒緋桜

 日中は12月とは思えない気温が続いているが、豊後高田でも朝晩はやはり冷え込む。


 そんな中、庭の寒緋桜の木がもうひと月も花をつけ続けている。
DSC04093.JPG

 虫もほとんどいなくなるこんな時期にどうして花をつけるのか、全くもって理解できないが、寒緋桜には寒緋桜なりの事情があるのだろう。


 虫がいなくても、時折メジロあたりは寄ってきているようだが…
 
 

 それにしても、花をつけている期間が長い。

 ソメイヨシノは、10日もしたら花が完全に終わってしまうのに、この木はもうひと月以上も花をつけ続けている。

 花の量がそれほど多くないので、少しずつ次々と新しい花が咲いていっているのかもしれないが、不思議な木だ。
DSC04096.JPG

 
 サクラはある程度の陽気と共に咲く方がやはり似合う気がする。

 小さな菜園の世話をしていると、少しずつ散ってくる花びらが何となく侘しい感じがする。


 
 
 陽光のもと咲きほこるサクラを愛でる季節は、まだまだ先だ。



posted by よっちゃん at 19:04| Comment(0) | 自然 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする