2020年01月11日

インパクト十分~落水陽介さんの講演会

 今日は、豊後高田市中央公民館で行われた落水陽介氏の講演会に出かけて来た。
IMG_20200111_0002.jpg

 落水氏は、200万人に1人といわれる難病「原発性脊索硬化症」を発症され、現在車いす生活をされているている方だ。




 そのため、演題は「難病がくれた宝物」というテーマで、ご自身のことを時にはユーモアを交えながら率直な言葉で、たっぷり1時間半にわたって語られた(それでも時間が足りなかったもよう)。
DSC08061.JPG

 病を得ても、落水さんの前向きな言葉や生き方がとても心に残る講演だった。



 講演の中では、下のように印象的な言葉がたくさんあったが、「難病だけど今が一番幸せです」というメッセージは、多くの人の心をはげしく揺さぶったようだった。
DSC08064.JPG DSC08067.JPG

 発病直後は、「何もできなくなった」と落ち込んだ時期もあったらしいが、今では何もできないどころか、精力的に活動して(仕事をして)回られている姿は、病気の人はもとより病気でない人もきっと勇気づけているはずだ。



 講演後に大勢の人が一緒に写真を撮ってもらおうと列をなす光景からも、落水さんの講演のインパクト具合が十分感じられた。





 講演には出てこなかったが、個人的には彼の「人力によるバリアフリー」という考え方は、「人の心のバリアフリー」にも繋がるため、未来をとても明るくすると思う。


 音響&照明係として、この講演会に関わらせてもらって本当によかった。

 
posted by よっちゃん at 20:57| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする