2020年01月24日

真玉大塚古墳はまるで秘境だ

 豊後高田市の真玉にある「大塚古墳」に行って来た。
DSC08125.JPG

 聞くところによると、この古墳は大分県内でも二番目に大きな前方後円墳だそうだ。
DSC08127.JPG


 前々から行きたいと思っていたのだが、そこまでの道が細くて入り組んでいるため、なかなか近寄れなかった古墳だ。

 今回、古墳への取り付き口を教えてくれる人があったため、ようやくお目にかかることができた。




 近寄ってみると、なるほど墳丘の盛り上がりや周濠のくぼみなどがかすかに分かるが、古墳だと教えられなければ、単なる林と思い見過ごしてしまうような遺跡である。
DSC08124.JPG



 その林へ小道をたどって入って行くと、そこには社が建ち、神様が祀られていた。
DSC08116.JPG DSC08117.JPG

 社の前はきれいに掃き清められており、雰囲気は廃墟でも、ちゃんと人の手が入っていることが伺えた。

 社の両脇には小さな祠が並び、一つの祠の前には朽ちかけた小さい狛犬が鎮座していた。
DSC08119.JPG




 その昔、この古墳は海岸近くに作られ、大きさもさることながら、葺石などで古墳を覆ってとても目立っていたらしい。

 しかし、近代になって、古墳の海側は干拓が進み、今では海岸からは少し離れた場所にひっそりと埋もれてしまっている。
DSC08128.JPG

 
 しかも、神社建設や土取りによって、前方後円墳の形もずいぶんと損なわれてしまっているようだ。
DSC08132.JPG

 かろうじて、墳墓を覆っている樹木が、かつて巨大だった墳墓の形を思い起こさせるような形で密生している。
DSC08134.JPG


 
 案内板の説明を読み、この古墳の大きさの一端に触れただけでも、古の人たちがこの地に息づき、活気ある生活を営んでいたことが容易に想像される。


 これほどの古墳をひっそりと埋もれさせておくのは、何とももったいない気がする。

 もっと多くに人に知ってもらい、この地が交通の要衝であったことや、先人が築きあげた国東の繁栄具合に思いをいたす機会が増えるといい。


 そうすることで、この地に暮らす人々の郷土愛や自信・誇りなどももっともっと増すのではなかろうか?




 
 帰る時に振り返ると、二本の大木が「ここからは墓だから、心して近づくように」と言わんばかりに、ぐにゃぐにゃの枝を広げて古墳へ通じる小道に覆いかぶさっていた。
DSC08137.JPG

 ほんのちょっぴりだが、秘境探検のインディ・ジョーンズの心持ちが味わえた気がした(大げさすぎか?)。


 



 
posted by よっちゃん at 23:02| Comment(0) | 伝統文化 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする