2020年02月29日

このところ「アーチ橋(構造)」が密かなマイ・ブーム

 宇佐市院内町でたくさんの美しい「アーチ橋」に出会ってから、このところその「アーチ橋(構造)」が密かなマイブームとなっている。




 先日は、世界で唯一と言われている木造アーチ橋の山口県岩国市の「錦帯橋」を見に行ってきた。

 しかしながら、木造であるため頻繁にメンテナンスを行う必要があるらしく、ちょうど5年に1度のメンテナンス工事が行われていたため、橋幕で覆われその全貌を見ることはできなかった。
DSC08346.JPG

 工事が終わったら、眺めのいい頃にまた再訪しようと思う。
DSC08353.JPG




 その後、大分県宇佐市院内を通る機会があったので、またいくつかの石橋を訪れてみた。

 このブログで紹介したことのある石橋ほど大きくない石橋も、院内にはたくさんある。


 国道387号線から見える位置にある「飯塚橋」。
DSC08510.JPG

 この橋は、けっこう深い谷にかかっており、昔はかなり重宝したのだろうと思う。
DSC08515.JPG

 橋の規模の割に大きな石材が使われているところが特徴なんだとか…。
DSC08514.JPG


 また、こちらも相当高い渓谷にかけられた「水雲橋」。
水雲橋2.JPG

 最初、何と読むのか分からなかったが、「すのり」と読むのだそう。

 ここの地名からとられたようだが、普通では読めない。

 とても長い橋脚を持つ2連の美しいアーチ橋だ。
水雲橋1.JPG





 「アーチ橋」を巡っていて、特にこの頃気にしているのが「要石(かなめいし)」。

 「アーチ構造」を支える文字通り「要(かなめ)」となる石で、とても重要な役目を持つという。

 アーチを完成させるために、最後にアーチのてっぺんに打ち込まれる石で、他の輪石とは明らかに大きさが異なるものが多い。



 下の写真は、やはり院内の「鳥居橋」と「富士見橋」の写真のアップだが、アーチの中央に大きな要石が見える。
DSC08558.JPG DSC08516.JPG


 木造の「錦帯橋」でも、この「要石」に相当する「大棟木」という5.7mもある部材が使われているらしいので、今度行った時にはしっかりと見てこようと思う。

 

 

 
posted by よっちゃん at 17:05| Comment(0) | 伝統文化 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年02月28日

「モンゴル展」は開催期間短縮で3月1日までなので、お早く

 先週末の連休に、宇佐市にある「大分県立歴史博物館」で開催されている「モンゴル展」に行って来た。
IMG_20200228_0001.jpg

 かつてのモンゴル帝国の首都「カラコルム」の建都800年を記念しての展示会らしい。



 ちょうど博物館の学芸員さんの「遊牧民の世界」という講演が開かれていて、モンゴルの様子や展示物の説明を細かく伺うことができてラッキーだった。
DSC08581.JPG

 社会科の教科書で見た「蒙古襲来絵詞」の絵巻の紹介以外にも、初めて紹介される民俗資料などがあり、大変興味深かった。
DSC08579.JPG DSC08576.JPG 

 「蒙古襲来絵詞」の絵巻も、奮戦した「竹崎季長」と「てつはう」くらいしか知識がなかったが、細かいところまで教えてもらい、日本との対比も面白かった。
DSC08575.JPG DSC08573.JPG   

 話と併せて、長崎県の鷹島の海底から発見された「元寇」時の遺物の現物も興味深かった。
DSC08574.JPG DSC08584.JPG
  

 また、華麗な装飾品や大きなコインの中に刻まれた文字や絵など、その精巧さにも驚かされた。
DSC08572.JPG DSC08571.JPG DSC08570.JPG

 
 モンゴルの草原に特有のゲル(住居)も、持ち込まれて組み立てられており、中に入ってみることもできた。
DSC08589.JPG DSC08590.JPG


 
 モンゴルはお相撲さん以外、縁遠い国のような感じがしていたが、モンゴルの人たちは日本にすいぶんと親しみを感じてくれているらしい。

 展示物を見たり、話を聞いたりしていると、一度モンゴルの広大な草原や空を見に行ってみたい気がしてきた。
DSC08586.JPG


 この「モンゴル展」は1/24~3/8までの開催予定であったが、新型肺炎対策によって3/1までの展示に短縮されたらしいので、見たい方はこの週末しかもう残されていない。
DSC08612.JPG


 大人310円(子ども160円)で、宇佐神宮関係や国東の六郷満山関係の常設展示も見られるのはお得な気がする。

 博物館の周りは古墳がたくさん造られていた場所で、現在「風土記の丘」と呼ばれているいい景観の場所だ。
DSC08613.JPG

 広々として気持ちいいし、散策にも向いていそうなので、良い季節になったらまた訪れたいと思う。


  

 
posted by よっちゃん at 20:18| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年02月24日

ついにオオサンショウウオの全身の姿に出会ったぞ!

 今日は、とてもラッキーなことがあった。

 それは、トイレ休憩に立ち寄った宇佐市院内にある「道の駅 いんない」にいるオオサンショウウオの全身の姿に出会えたのだ。
DSC08532.JPG


 日中はほとんど洞穴の中に隠れているようだが、今日は息継ぎのためなのか、ちょうど穴から這い出して来ていた。

 初めて見るオオサンショウウオのその大きさたるや!
DSC08526.JPG


 頭も胴回りも、足も尻尾もとにかく大きい。
DSC08546.JPG

 飼われているサンショウウオの中では最大とのこと。
DSC08549.JPG


 長い年月の間に、顔にはぶつぶつがたくさん。
DSC08531.JPG

 そのため、目がどこにあるのか分かりにくい。


 尻尾は、なんと二股に分かれていた。
DSC08542.JPG



 その体で、水槽の中をのっしのっしと動きまわるその迫力に大感激!!
オオサンショウウオ 歩く.M2TS

 あんな大きなサンショウウオが、近くに生息しているとはすばらしい!!



 その生息できる環境がずっと続いていくことを祈りたい。



 宇佐市院内の「道の駅 いんない」は、宇佐市街地から国道387号線を玖珠方面へあがっていった途中にある。

DSC02015.JPG
posted by よっちゃん at 21:18| Comment(0) | 自然 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする