2020年03月13日

絵本『くにさきの鬼』が完成し、現在絶賛PR中

 六郷満山日本遺産推進協議会が制作した絵本『くにさきの鬼』(絵・中川学)が完成して、現在絶賛PR中だ。
DSC08654.JPG

 鬼が仏になった里「くにさき」の物語を地元の子どもたちに学んでもらおうと、豊後高田市、国東市内の小中高校や図書館、観光施設にも500冊が配布されたらしい。


 ありがたいことに、(https://www.onie.jp/)で「ストーリーブック くにさきの鬼」PDF版が公開され、だれでもダウンロードできるようになっている。




 豊後高田の子どもの古本屋「月波や」さんが、そうして紙芝居を上手に作っていたので、自分も真似て付録の「くにさきの鬼図鑑」も含めた全編をプリントアウトしてみた。
DSC08656.JPG

 燃え盛る炎の中に立つ鬼の形相や、「衆正鬼会(しゅじょうおにえ)」でオニサマが舞うシーン等は、迫力いっぱいだ。
  
 付録の「くにさきの鬼図鑑」も、国東やそこに昔から息づくオニサマの魅力を知るために、とても詳しくかかれている。





 また、訪日観光客にPRするため、日本遺産特設サイト(https://www.onie.jp/topics/detail/e37aa7c8-4757-4278-9f88-d0c984e9407e)に日本語版と合わせて英語とフランス語訳のPDF版も、同じページに掲載されている。
DSC08657.JPG

 どちらの言語でも詳しく書き込まれているので、「くにさき」や「オニサマ」を理解するのに、とても役立つだろう。




 これを読むと、きっと国東の魅力がすごく伝わるはずだ。

 絵本『くにさきの鬼』は、お勧めだ。



ラベル:本・コミック
posted by よっちゃん at 22:03| Comment(0) | 伝統文化 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする