2020年05月06日

成長したオオイタ(大分)サンショウウオの幼生発見!

 山の水溜まりを2ケ月ぶりに訪れた。
DSC09025.JPG

 産みつけられていたオオイタ(大分)サンショウウオが、その後どうなったか確認するためだ。



 前回は、卵嚢も幼生もほぼ確認できなかったので、また同じことかなと思いながら水溜まりを覗き込んだ。

 やはり見えるのは水中に堆積している落ち葉だけで、ひっそりとしている。

 

 と、目の前であぶくがぷくっと上がって来た。

 もしや、と思い目を凝らしてじっと待っていると、茶色い小さなものが水面に上がって来た。

 おっ!これはもしや!



 慌ててもしもの時のために持ってきていた網で、潜っていった辺りをすくってみる。

 やった!動くものが入った。


 網から取り出して、持って来ていた水槽に移して見た。

 これは、昨年も見た。

 まちがいなくオオイタサンショウウオの幼生だ!
DSC09011.JPG



 以前見た姿は、魚の稚魚と見まちがうくらい細くて小さかった。
サンちゃん幼生.jpg

 それが、今回7~8cmくらいはあろうか。
サンちゃん横から.jpg

 4本の足もしっかりと生えて、しっかりとした体つきになっている。
サンちゃん前から.jpg

 
 酸素をいっそう必要とするようになったせいか、ギザギザのエラもしっかりと立って、少し赤味がかっている。
サンちゃんエラ.jpg

 それでも、酸素が足りなくなってきているから、息継ぎに水面に上がってきたのだろうか。

 ともかく、今年の固体の生存が、1匹でも確認できてよかった。





 正面から見ると、何とも愛らしい顔をしている。
サンちゃん正面.jpg

 小さな足指も、前足に4本、後ろ足に5本しっかりと確認できた。
サンちゃん下から.jpg

 この足指の数は、以前観察したオオサンショウウオも同じようだ。





 期待して、仲間がもっといないかさぐってみる。

 時折、泡があがってくるので期待してねばったが、ダメだった。



 代わりに、少し別の場所から、カエルのオタマジャクシが見つかった。
オタマジャクシ.jpg

 以前、卵塊の時に見たカエルの卵から孵ったヤツだろうか?
DSC08652.JPG


 たとえ、1匹でもいいから無事に育って欲しいと願いながら、水溜まりをあとにした。

posted by よっちゃん at 20:48| Comment(0) | 自然 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年05月04日

廃棄された棚をリメイク

 廃棄された横長の木製棚を貰い受けた。

 戦後すぐから使われていた古いもののようだったが、枠は立派な木で作られているので、焼かれてしまうのはもったいない。


 そこで、ウチで使う棚としてリメイクすることに…。


 横長なのを真っ二つにして、2つの棚を作ろうと木材と格闘。
DSC08956.JPG

 ホゾ組で作られていたため、分解は簡単。



 ところが、ほぞ穴を生かすべく、ノコギリでほぞを切りこむのがけっこう大変!
DSC08866.JPG

 今は機械を使うと簡単にほぞもほぞ穴も作れるが、昔の人はノコギリとノミだけでやってのけていたのだからすごい!



 そして、今日ようやく、室内用の三角棚が完成。
DSC08994.JPG



 階段上のデッドスペースを活用した室内用は、物入れ等から溢れ出ていた仕事や趣味の道具ですぐに満杯に…。
DSC08995.JPG

 外用は、散らばっていた菜園作業のための道具等を余裕で収めることができた。
DSC08996.JPG


 2つの棚のおかげで、これからはきっと捜し物をするのが楽になるはずだ。



 
ラベル:木工作
posted by よっちゃん at 15:17| Comment(0) | 製作 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年05月02日

ダッチオーブンで丸鶏がおいしく焼けたよ~

 ゴールデンウィーク真っただ中だが、外食もしにくいので、おウチご飯を工夫することに…。


 そこで、鶏を丸ごと買ってきて、直火で調理することにした。
DSC08980.JPG


 使うのは、ダッチオーブン。
DSC08982.JPG

 移住してきて以来、倉庫にしまい込んでいたのを引っ張り出して来た。


 
 たき火に、そのまま鍋ごと放り込んでもいいのだが、時間があるのでお腹に詰め物をすることにした。

 詰めるのは、モチ米と少しばかりの野菜。

 今回は、パプリカとシメジに、香り付けとしてローズマリーを2枝。

 味付けは、黒コショウと「香りソルト」(クレイジーソルトでもOK)に、すりおろしニンニク(今回はチューブを使う)をたっぷり目に擦り込む。

 その際、鶏にはフォークをさして穴をたくさんあけておくと、味が滲み易い。
DSC08984.JPG


 
 このように鶏のお腹に詰め物をしておくと、鶏から出るエキスを詰め物(今回はモチ米だが、パンとかでも良い)が吸って、おいしさ倍増という寸法だ。


 
 ダッチオーブンは、食材の下ごしらえをするところと、あと火を起こしてオキ炭を作っておくところが調理作業のほとんどだ。



 ここまでできたら、あとは食材を入れたダッチオーブンごと火の中に入れて待つだけ。

 待ってる間にやることと言えば、火を絶やさないように炭を継ぎ足すだけ。



 
 待つこと1時間で、調理終了。
DSC08989.JPG

 こんがり焼けた鶏(つけあわせに入れた野菜が少し焦げたが)は、おいしそうな匂いと色に…。
DSC08990.JPG


 早速、モモ、手羽、胸と切り分けて、実食。
DSC08992.JPG


 鶏はジューシーでハーブやスパイスの香りも効いてておいしかった。

 お腹の詰め物も、鶏のエキスをよく吸っておいしかった。


 
 ただ、若鶏の割にけっこうな脂が出たので、手や口の周りがべたべたになったところがちょっとだけ面倒!



 でも、時間がある時は、仕込み作業からの面倒も助けに…。

 おいしいご飯も食べられて、贅沢な一日となったと思える今日この頃…。

 

 
posted by よっちゃん at 21:01| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする