2020年07月16日

増水後の川でウナギがバンバン!

雨が上がった小川の岸に、点々と釣り人の影。

 こんな小さな川岸に子ども以外釣り人の影など見たこともないので、何を釣っているのだろうと不思議に思って声をかけた。



 すると、意外な答えが返ってきて驚いた。

 何と、日頃魚影も少ない浅い川にもかかわらず、ウナギが釣れるというのだ。


 
 実際、自分が見ている前でも、ウナギが一匹あがってきた。
DSC09348.JPG


 実は、連日の雨で増水した川にはウナギがけっこう潜んでいるのだそう。

 そんな川の橋のたもとや岸辺をねらって釣り糸を垂らすとよく釣れるということだ。
DSC09351.JPG


 ウナギを入れている入れ物を見せてもらうと、すでに何匹も入っていた。
DSC09344.JPG


 やはり、知っている人は知っているものだ。

 いつどこに獲物が現れるか…。

 
 


 これからくる土用丑の日は7月21日だから、もうすぐそこ。

 型はちょっぴり小さめだったけど、その日の食卓にのぼることになるのだろうか?
DSC09349.JPG


 天然のウナギとは実にうらやましいかぎりだ!





 

posted by よっちゃん at 19:57| Comment(0) | 自然 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする