2020年08月30日

「玉津東天紅」で映画鑑賞~『男と女 人生最良の日々』

 久しぶりにフランス映画を見て来た。

 豊後高田市の「玉津東天紅」にかかっていた『男と女』だ。
男と女.jpg


 『男と女』と言えば、あの「♪ダバダバダ、ダバダバダ~♬」がテーマ曲のフランス映画を思い浮かべる人も多いと思う。

 1966年クロード・ルルーシュ監督によるあの有名作品だ。

 

 しかし、今日見たのは50年の時を経て、その続編として作られた『男と女 人生最良の日々』だ。


 
 驚いたことに、監督は1996年の時と同じ、主演の2人もその子ども役だった2人も全く同じというキャスティング。


 よくぞ50年以上の時を経て、キャストだけでなくスタッフや音楽担当のフランシス・レイ(2018年没)までも、皆を再結集させて作ったということにいたく感動!



 しかも、その作品がまたとても良かった。

 

 もともと『男と女』も、夜の雨の中を車でジャンが疾走するシーンや、海岸のシーンが印象的で、あの「♪ダバダバダ、ダバダバダ~♩」の音楽との相乗効果で、とても好きだった映画だ。

 それが、その後の二人の人生が、回想シーンを織り交ぜながら語られていく。


 
 全編の半分以上が、2人の顔のアップで撮られ、それなりに年月の刻まれた2人の顔の表情による演技がすばらしかった。
DSC09479.JPG

 とても含蓄に富む言葉(詩)の中にも、二人のそれまでの人生や相手への思い等がよく表れていた。



 全体的に時間の流れがゆったりとしていて(『男と女』では、ジャンのレーシングカーが列車の速度を追い越した)、2人の間で交わされるセリフの一つ一つに何年経っても変わらない愛を感じる。

 また、出て来る家族たちも、実に温かい。





 年をとっていくこともそう悪くないと思える、見終わった後にあたたかいものが残る映画であった。



 

 「玉津東天紅」は、中心街から桂川を渡って玉津商店街へ入り、ゆるい坂を少しおりた先の右側角。
DSC09475.JPG 

 住所:豊後高田市玉津380-2  
 電話番号:(0978)25-4433



 一日2回上映(10:00~ 1:30~)で、本作品は9/3(木)まで。

 3密対策もしっかりととられており、混雑することもまあないので、安心して映画鑑賞に浸ることができた。
DSC09481.JPG





posted by よっちゃん at 22:06| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年08月25日

乙な味の花オクラが収穫期を迎えた

 知り合いの方から苗を頂いて育てて来た「花オクラ」が花をつけはじめ、このところやっと毎日1つか2つずつ収穫できるようになってきた。
DSC09455.JPG



 花オクラは、その名の通り「オクラ」そっくりの花をつけ、その花が食用となるのが特徴だ。

 そして、その花にもオクラ特有の粘り気がある。

 粘りがあるのに歯触りはシャキシャキとした感じで、酢や酢じょうゆ・塩などをかけて食べるとなかなか乙な味だ。



 オクラそっくりなのは、オクラと同じ「アオイ科トロロアオイ属」の植物だからで、そのためオクラの実と同じように花にも粘り気があるのだそう…。





 最初、「花オクラ」は、「オクラ」の花の部分かと思っていたが、広い意味では同じ仲間でも、品種が違うとのこと…。
DSC09459.JPG IMG_9403.JPG
      花オクラ                       オクラ

 そう言われれば、「オクラ」と「花オクラ」では、葉や蕾の様子・形状もやや異なっている。
花オクラ.jpg




 「花オクラ」の正式名称は「トロロアオイ」で、古くからその粘液が和紙作りをする時の糊としても使われてきたものらしい。


 同じアオイ科の植物にはフヨウやハイビスカスなどもあるそうで、そう言われれば、どことなく花の雰囲気も似ている。
DSC09460.JPG




 花としても飾ると綺麗なのだろうが、残念ながらこの花は朝開いたら、その日の夕方にはしっかりとつぼんでしまう。

 そのため、朝花が開ききったら早めに収穫し、その日のうちに食べるのがお勧めだ


 

 

 
posted by よっちゃん at 21:39| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年08月18日

大きく育ったウコンにきれいな花が…

 春に、知り合いから分けていただいた「ウコン」を植えていたら、葉が背丈を超えるほど大きく育った。
DSC09449.JPG

 初めて植えてみたので、これまでウコンの育ち具合など、意識したこともなかった。

 ショウガやミョウガの仲間というから、そのくらいの大きさを想像していた。




 伸びやかに青々と茂った葉は、まるでバナナの林のようだ。

 手前のショウガと比べると、雲泥の差がある
ウコン.jpg




 まさかこれほど茂るとは思ってもいなかったので、後ろ側に下げて植えておいた偶然が幸いした。
DSC08860.JPG




 そして、数日前からはこんなにきれいな花が咲き始めた。

 大きさに驚かされただけでなく、こんな花まで咲くとはビックリだ!
DSC09450.JPG

 形といい色といい、大きな緑のガタイと比べるから、可憐な感じさえする。

 この後、この花はどうなるのだろうか?

 実や種ができるとすれば、どんなものだろうか?

 じっくりと観察していきたい。



 
posted by よっちゃん at 19:24| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする