2020年08月05日

スズメガの幼虫にトマトを見事に喰われた

 雨続きで、ちょっと菜園から目を離したら、トマトがこんな無残な姿に…。
IMG_9400.JPG

 何が喰ったのか捜してみると、こんなに大きなイモムシがとりついて葉をムシャムシャやっている真っ最中。
IMG_9396.JPG


 あまりの大きさに最初はぎょっとしたが、よくよく見てみるとツヤツヤの美しい模様をしている。

 胴にはストライプが入っているため、見事な保護色となっている。


 こんなに大きくなるまで気づかなかったのは、そのせいでもあっただろうと、妙に納得してしまった。

 お尻には、角のように見えるトゲまで突き立てて、まるで「触るなよ!」と言っているような風情。



 しかし、大切なトマトをむざむざ喰わすわけにもいかない。

 早々に退場していただいた。



 これで安心と思ったら、大間違い。

 下の方にも、さらにもう二匹。


 こんなに大きいのに三匹もとりつかれていたら、トマトもこうなるはずだ。
IMG_9399.JPG


 念のため他の野菜も調べてみると、いたいた。

 隣のナスと、少し離れたところのピーマンにも…。
IMG_9395.JPG


 ナスやピーマンは、葉を喰い尽くすところまではいっていなかったので良かったが、ほっておいたら危ないところだった。

 
 菜園からあがってネットで調べたら、このイモムシは「メンガタスズメ」というスズメガの幼虫であった。
メンガタスズメ.jpg

 背のドクロマークのような人面模様が名前の由来らしく、特にナス科の植物を好むと「ウィキペディア」(画像とも)にはあった。

 成虫は大きいもので120mmにもなるらしいが、幼虫もその大きさに負けず劣らずらしい。


 その大きさ故の食欲であったかと、再度納得!



 とにかく、もうこれ以上やられないように注意怠るべからずだ!



 
posted by よっちゃん at 19:59| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする