2020年09月27日

モグラ取り器が、一日でモグラを確保!

 昨日仕掛けた「モグラ取り器」。

 何と、今日確認したら、モグラが一匹入っていた。


 そう期待してなかったので、土を払いのけていたら、取り器の管の後ろの穴からモグラのビロードのような毛が見えたのでびっくり!

 
 仕掛けた場所がよかったのか、何と一日でモグラを確保。


 
 逃げ出さないように、こわごわ取り器の中をのぞくが、そのモグラはピクリとも動かない。

 何と、モグラは取り器の中で息絶えていた。
DSC09590.JPG


 地下に潜むモグラをしげしげと見る機会はそうないので、よく見ると、やはり穴を掘り進むための足の爪は鋭い。

 前足も、実に力がありそうだ。



 確保したあとは、どこか遠い所にご退場いただこうと思っていたのに、可愛そうなことをした。

 なぜ死んでしまっていたのかは、謎だ。


 想像するに、代謝の激しいモグラは、丸一日食べないと消耗し尽くしてしまうのかもしれない。




 止む無く、亡くなったモグラさんには、自然にお帰りいただいた。
 
posted by よっちゃん at 22:28| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年09月26日

モグラ追い出し作戦第2弾!

 庭に住み着いているモグラが、またぞろ活発に動き出した。
DSC09581.JPG

 夏の間は、あまり畑には入らなかったのだが、えさのミミズが不足してきたのだろうか?



 畑を縦横に動き回って、作物の根を浮かすから、作物が勢いをなくしたり、果ては枯れてしまったりする。
DSC09582.JPG

 これまでは、畑の区画に入らないように、周りをぐるっとモグラ忌避剤で入って来ないようにしてきた。

 しかし、相手は地中に潜んで神出鬼没なため、効果的な撃退方法にはなっていなかった。



 今朝も、芽が出たばかりのシュンギクの畑を、大々的に地割れさせていた。
DSC09588.JPG

 いくら自然由来の薬とはいえ、これ以上畑に忌避剤を撒き続けるわけにもいかない。



 そこで、モグラを捕獲して退場いただく作戦に変更。



 ホームセンターで、「モグラ取り器」なるものを買ってきて、備え付けることに…。
DSC09585.JPG

 聞くと、モグラ退治のためのグッズを買い求めにホームセンターに来る人も多いらしい。



 説明書に書いてあった通りに、モグラ取り器の匂いを消す作業をしたあと、エサのミミズを入れて取り器を地中にセット。


 取り器は2つ入っていたので、2ケ所にわけてセットした。
DSC09584.JPG

 本当は上りと下りどちらから来てもいいように、本道の同じ場所に仕掛けるようになっているようだが、これで試すことに…。



 何匹のモグラがいるか分からないが、これでうまく捕獲して、見事ご退場となればめでたしめでたしだ!

 でも、そううまくいくかいな?



posted by よっちゃん at 17:11| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年09月23日

「DRUM TAO」のライブに超感動!

 連休は、大分県が世界に誇る「DRUM TAO」のライブに行って来た。

 場所は、9月4日に久住町にオープンしたばかりの「TAOの丘」という野外劇場だ。
DSC09579.JPG


 この野外劇場は、阿蘇五岳の絶景をバックに、まるで空中に浮いているかのような平面ステージで、絶景この上ない。
DSC09564.JPG

 そして、十分な高台で周りに何もないため、邪魔になる他の音もいっさい無い。


 さらには野外なので、吹き渡る風がとても心地よく、密になる心配も全く無い。





 そこで、繰り広げられた15名の奏者によるパフォーマンスは、まさに圧巻だった。
DSC09574.JPG
 
 はじめ、太鼓とそれに伴う笛や鉦による演奏だけかと思いきや、それだけではなかった。

 三味線や琴と大小の太鼓の組み合わせも絶妙で、それに躍動的なフォーメーションの変化も加わると、宣伝通り「至高の総合エンターテイメント」だ。
DSC09572.JPG

 鍛え抜かれた身体と、その肉体から紡ぎ出される音の素晴らしさ。
 
 呼吸を合わせるために、どれだけ練習したのだろうと思えるほどの集団の調和。
DSC09570.JPG



 笛の音は天高く立ち上り、太鼓の響きは広く草原に轟き渡り、決して阿蘇・九重の大パノラマに負けてはいない。
DSC09569.JPG 

 時に勇壮。

 時に艶やか。

 時にコミカル。



 静と動のメリハリも素晴らしく、見て聴いて楽しめるMC等いっさい無しの舞台が、約1時間程続いた。

 ステージを囲むように見下ろす400名ほどの観客は、次々と繰り広げられる迫力ある舞台にすっかり魅了されてしまった。
DSC09575.JPG 
 



 さすがにライブ中の撮影は禁止されていたが、最後の曲だけは宣伝よろしく撮影許可となったので、後ろの絶景と合わせて何枚もシャッターを切った。

 サービス精神旺盛で、記念撮影にも応えてくれたので、近づいてもパチリ!
DSC09577.JPG

 
 ロケーションを最大限生かした迫力あるライブに、大感動で帰って来た。




 この日見たのは「チームA」で、まだ「チームK」や「チームG」の公演もあるそうなので、そちらもぜひ見てみたい。


 今年は11月30日までが、野外公演の予定なのだそう。

 吹きさらしの野外なので、防寒対策をしっかりとしてまたぜひ出かけたい。


 
posted by よっちゃん at 20:48| Comment(0) | 観光 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする