2020年12月30日

石橋巡り第10弾~院内町の二つのアーチ橋へ

 今年の仕事も無事納めたので、昨日はまたまた宇佐市院内町へ、マイブームの「石橋巡り」へと繰り出した。


 今回は、宇佐から玖珠へぬける国道387号線から少し谷側へ降りた所の野地と温見にある「単眼アーチ橋」を訪問。
DSC00106.JPG DSC00120.JPG



 まず、「野地橋」は国道387号線から左斜めに降りた温見川に架かっていた。
DSC00111.JPG

 それほど大きくはない川に、きれいなアーチを描いた橋が100有余年の年を経て、今なお現役でしっかりとその役目を果たしている。
DSC00114.JPG

 アーチ部分以外は、自然な石の形を大小組み合わせながら組まれたスマートな橋だ。
DSC00112.JPG



 それでいて、やはり土台はしっかりと固めてあり、岸辺の川底まで礎石は伸びていた。
DSC00113.JPG

 アーチの輪石部分に少しのがたつきが見られるものの、きれいなアーチは健在。
DSC00115.JPG

 ただ、アーチで最も重要な「要石」がはっきりとは分からなかった。



 現役の橋らしく上面にはコンクリートが打ってあり、手摺として鉄柱も建ててあるが、欄干の親柱は古のいい味を湛えたままだ。
DSC00116.JPG DSC00117.JPG

 100年以上の時を経て、今もなお地域になくてはならない橋として活躍しているのは、何ともすばらしい。






 次に向かったのは、「野地橋」から西にある集落へ向かう途中の温見川にかかる「中鍋橋」
DSC00121.JPG

 先の「野地橋」よりもさらに細い生活道路に自然な形で架かっている。
DSC00133.JPG


 しかし、その様子を詳しく見るために、橋の袂に近づいて驚いた。

 アーチを構成する「輪石」の側面が、まるでコンクリートブロックが並べられたかのように、綺麗で平らにそろっている。
DSC00130.JPG

 ほとんど自然石を人が人力で加工したとは思えないほどの出来栄えだ。

 今まで見て来た石橋で、こんな精密な加工を施したものは見たことがない。


 説明板の解説によると、どうやら御影石などの表面を平らに仕上げる「びしゃん仕上げ」という加工法が用いられているようだ。




 また、石橋の強度を上げるために、側壁を守る袖の石をより厚く頑丈に組んだり、欄干の下の部分に丁寧に曲面の設けられた水捌けを取り付けたりしてある。
DSC00123.JPG

 石の欄干の造りも実に見事だ。


 アーチの「要石」も、こちらは大きな石ががっちりと咬ませてある。
DSC00125.JPG

 さらには、「輪石」も「壁石」も端を真っ直ぐに加工され、大きさもそろった石が、全く隙間なく組み合わされている。


 
 職人さんたちの高度な技術が、実にあちらこちらに多用してあり、完成度も高い。

 小さいアーチ橋ながら、とても見応えのあるすばらしい石橋だ。
DSC00122.JPG
 
 
 
 先人の苦心の作が、今なお人々の役に立ち続けているなんてすばらしい!




 
 「道の駅 いんない」の店のおじさんが教えてくれたのだが、今年に入って埋もれていた石橋が五基も見つかったらしい。

 いずれその新発見の石橋を訪ねるのも、楽しみだ。



 
ラベル:石橋
posted by よっちゃん at 17:28| Comment(0) | 伝統文化 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年12月26日

「昭和の屋台市」で、今年2回目の路上ライブ

 今夕も、豊後高田市の商店街の「屋台市」で、我ら「音むすび」による路上ライブを行って来た。

 場所は、いつも通り「伯剌西爾珈琲舎」さんの軒先を(電気も)お借りして…。
DSC00086.JPG


 コロナ禍で、ずっとできなかったため、ようやく今年二回目。


 選曲は、冬に因んだ曲、朝ドラでいっそう知名度が増した小関裕而さんの作った曲、子ども用に現在流行の曲等々。

 お送りするのは歌い手さん三名と、伴奏は鍵盤にフルート・ギターといった簡単な構成。




 ライブの一部と二部の間には、ソロによる出し物。

 今日は、金谷さんの鼻笛(先日NHKののど自慢に出演)と「糸」(中島みゆき)の独唱に先立って、二曲程弾き歌い。


 
 今週に入って立て続けに飛び込んで来たなかにし礼さんと中村泰士さんの訃報。

 お二人とも、昭和歌謡を支えた作詞家・作曲家だっただけに、とっても残念!



 そこで、お二人に捧げるために、お二人の作である「北酒場」(細川たかし)となかにし礼氏の補詩作の「花の首飾り」(ザ・タイガース)を歌わせてもらった。
DSC00089.JPG

 久しぶりに歌ったが、今歌ってもやはりすばらしい曲だし、懐かしくてとても感慨深いものがあった。




 実は、先月も筒美京平さんが10月に亡くなられたのを受けて、「さらば恋人」(堺正章)を歌わせてもらった。

 今年はここにきて日本の歌謡界に功績のあった方々の訃報が相次いでいる。


 また一段と昭和が遠くなったなあと、何だかしみじみとしてしまった。


 我ら「音むすび」は、良き時代の昭和を伝えるために、これからも昭和の歌や唱歌等を歌い継いでいきたい。
DSC00093
.JPG





 最後は、子どもたちのために用意した「パプリカ」と「紅蓮華」。

 一緒に歌ってくれたお子さんの上手だったこと…。


 アニメが大流行しているため、もう何百回も歌っているからだろう。

 一緒に歌ってくれた子どもたち、どうもありがとう!
DSC00098.JPG





 先日冬至を迎えたばかりなので、日の落ちるのは早い。

 5時スタートの時点では、まだ明るかったが、終わる6時ごろには真っ暗になっていた。
DSC00094.JPG
 
 商店街の照明が煌々と灯り、商店街を飛び回る「昭和のサンタ仮面さん」が明るさと暖かさを振りまいていた。
DSC00100.JPG

 寒い中、商店街を訪れた皆さん、歌を応援してくれた皆さん、本当にどうもありがとう!


 
posted by よっちゃん at 21:19| Comment(0) | 観光 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年12月21日

今年初めて実ったユズで冬至のユズ湯

 今日は、冬至。


 先週よりは、幾分寒さがやわらいだものの、朝晩はやはり冬真っ盛りという冷え込みよう。

 冬至にはカボチャとユズ湯がつきもの。

 カボチャは、昼食のカボチャカレーで摂取。




 ユズ湯は、庭のユズの木に今年初めて実がついたので、それを活用。
DSC00075.JPG

 湯に浮かべて2つこすりあわせると、いっそう香りがたって、癒される~

 
 しばらくユズと一緒に湯に浸っていると、芯からあったまった感じがする。
DSC00076.JPG

 この時期のこの入浴法を考えついた人は、天才だ!



 来年は、もっと贅沢に入れて楽しみたいので、もっとわんさか実るといいなあ。


posted by よっちゃん at 21:10| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする