2021年01月31日

まるで意思あるようなニンジン採れました

 菜園のニンジンを抜いてみたら、そこには驚くような姿のニンジンが現れた。


 なんと細いニンジンが、すぐ隣の太いニンジンにまるで「だっこちゃん」のように巻き付いている。
DSC00329.JPG

 股根になった根菜類は、ウチの菜園でも時々現れるが、隣同士でこのように仲むつまじい作物を見たのは初めてだ。

 ここまできれいに巻き付いたニンジンに「何と健気な!」と感激してしまった。
DSC00327.JPG

 
 その形が、子を負う母親のようでもある。

 あたかも植物にも意思があるかのように見えてくる。




 と、ここまで考えて、種や芽には競合させた方が良く伸びるものがあることや、コンパニオンプランツなどのことを考えると、やはり植物にも意思があるような…。




 せっかくここまで仲良くしているニンジンを引き離して食べるのが、なんだか可哀そうな気もしてきた。

 さて、どうしたものか?

 
 仕方ないので、そのまま洗って丸かじりがすることにしよう。

 
 
 
 同時に抜いたダイコンは、見事に丸々と育っていた。
DSC00325.JPG

 こちらは煮物によさそう。



 今日の夕餉は、いつもよりいっそう自然の恵みや、人知を超える神秘に思いを致しながら食べることになるだろう。


 
 
posted by よっちゃん at 14:55| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年01月30日

今年最初の豊後高田市商店街「夜台市」

 今夕は、今年最初の豊後高田市商店街の「夜台市」の日。
1月夜台市④.JPG

 我々「音むすび」も、いつものように「珈琲舎伯剌西爾」さんの店先で路上ライブ。
1月夜台市⑤.JPG


 季節の歌。

 往年の名曲。

 子どもたち向けの歌。

 などなど10余曲。
1月夜台市③.JPG


 最初、「今日はどうなる?」というくらい、商店街を巡るお客さんもまばらだった。

 しかし、歌っている最中にだんだん増えて来て、道向かいの椅子に座って聴いて下さる観客もいつも以上に…。





 寒い中、商店街に来て下さるお客さんもさることながら、座ってまで応援下さる皆さんの本当にありがたいこと。

 
 さらに、近まる節分に因んで夜台市を盛り上げていた「鬼の昭和仮面」も途中から一緒にパフォーマンス。
1月夜台市②.JPG

 力強いエールをもらうことができ、寒さも吹っ飛ぶような。




 いつものように、自分もギターの弾き語り。
1月夜台市①.JPG

 昨年は、昭和の歌謡界を支えた有名な作詞家、作曲家、歌手の方々の訃報が相次いだ。

 昨年末から、追悼の意味もこめて、それらの方がたに纏わる曲を歌ってきたが、今日もそんな2曲を歌わせていただいた。


 1曲目は「ブルー・シャトウ」(ジャッキー吉川とブルーコメッツ)。

 2曲目は「人形の家」(弘田三枝子)。



 次々と訃報が舞い込む度に、どんどん昭和が遠くなっていく感がある。

 だからこそ、このような名曲は、極微力な我々も歌い次いでいきたい。



 コロナ禍がまだ下火になっていかない中、このような場が設けられ本当にありがたいことだ。
DSC00308.JPG

 みんなで音楽を楽しむことができた幸せを噛みしめながら帰途についた。



 
posted by よっちゃん at 22:12| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年01月28日

赤くて艶やかなジャガイモが旬?

 昨日、ご近所のTさん宅からジャガイモを頂いた。

 今頃収穫できるジャガイモもあるんだ!?と思いながら貰って来たのは何と赤いジャガイモ。
DSC00301.JPG

 表面がつるつるで、艶やかな赤色をしている。
DSC00310.JPG



 皮は赤いが、中身は鮮やかな黄色をしている。

 薄い皮なので、剥かずにそのまま加熱して食べられるとのこと…。

 赤色はポリフェノールなので、丸ごと食べたが栄養価が高いのだそうだ。




 
 貰って来てすぐに、1個をラップに包みレンジでチン!

 割ってバターを載せて皮ごと食べてみると、ほのかな甘みが口の中に広がり真に美味。
DSC00321.JPG DSC00323.JPG


 
 今頃掘れるジャガイモって何?と思ってググってみると、「アンデスレッド」や「レッドムーン」など、いくつかの名前が出て来た。

 「アンデスレッドは男爵系、レッドムーンはメークイーン系の形で見分ける」と書いてあったので、頂いてきたのは「レッドムーン」か?


 さらに今頃収穫できるとは書いてないので、今ひとつ要領を得ない。

 T氏の話では、11月頃に畑に投げておいたら、実が入ったとのことだった。

 投げておいたにしては、見事なジャガイモたちだ。



 見てくれと言い、寒さの厳しい今頃採れることといい、何とも不思議なジャガイモだ。



 

 Tさん宅からは、一緒に赤飯&おこわに白菜まで頂いて来たので、それと共に食べることにしよう。
DSC00306.JPG
 DSC00302.JPG DSC00303.JPG
 
posted by よっちゃん at 20:22| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする