2018年08月30日

秋のハーブ栽培準備

 今日は、朝から久しぶりに雨が降ってくる気配。

 そこで、秋播きのハーブの種を7種類ほど育苗ポットやプランターに植えることにした。

 それと併せて、挿し木や植え替えも行った。


【秋のハーブ栽培準備】

 1.ラベンダー・スイートマジョラム・キャットニップ・カモミール・コリアンダーをポットに撒く。

 2・移植を嫌うディルと、発芽のために新聞紙で覆う必要のあるスープセルリーは、プランターに撒く。

 3・ローズマリーを先から10cmのところで斜めに切って、ポットに挿す。

 4・ヤロウは密集しすぎてきたため、株分けをして植え替える。

DSC00727.JPG DSC00728.JPG

 発芽率が100%でないことを見越して、少し多めにポットを準備した。

 しかしながら、もしこれだけの種が全部発芽したり、苗が根付いたりしたら、実際植え付ける場所を確保するのに困るだろう。

 全部発芽して欲しいような、ほどほどでいいような複雑な気分である。




 植え付けている間に、いよいよ雨がふりそうになってきたので、ハーブの葉を摘んでウチの中に入った。


 摘んだハーブの葉は、下の3種類。
DSC00729.JPG


【ティーにした時の効能】
 ・セージ   … 疲労回復効果
 ・レモンバーム… 滋養強壮作用 胃腸の調子を整える効果
 ・ミント   … 心身のリラックス効果 免疫力アップ

 それぞれの効能を考えてブレンドしたので、疲れた時にはバッチリ‼。

 ミントは、味が強く出すぎるため、少量にした。


 お湯は、沸かしてから少し置いてティーポットに注ぎ、5分程抽出して出来上がり。

 カップに注いで、ゆっくりと味わう。


 香りからも味からも、心身の疲れがとれるようであった。

 
ラベル:ハーブ
posted by よっちゃん at 16:21| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください