2019年04月06日

イモムシごろごろ~

 今日は、冬野菜を抜いた畑を耕そうと、スコップでコンポスターの中の腐葉土をかき出していたら、中から大きなイモムシが転がり出て来た。

 初め、ほぼ一面こげ茶色の腐葉土の中から、白い大きな物体がコロンと出て来たのでびっくりしたが、よく見るとそれはカブトムシの幼虫であった。
DSC02466.JPG


 昨秋、卵からかえってからなので、この時期にはもうずいぶん大きくなっている。

 寒い冬も、ふかふかの腐葉土の中で、ちゃくちゃくと成長をとげていたのだろう。



 丸々と太ったカブトムシの幼虫。

 さらに腐葉土をかきまぜていると、もう3匹幼虫転がり出て来た。
DSC02467.JPG
 
 
 昔は、自分も自分の子どもたちも、嬉々としてカブトムシやクワガタを育てたものだが、もはやカブトムシを欲しがる者など身近に居はしない。

 せっかくなので、小学校にでもあげることにしよう。

 それまで、4匹のカブトムシたちよ、残った腐葉土の中でもうしばらくおやすみ…。


 
 
posted by よっちゃん at 21:10| Comment(0) | 自然 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください